歌う鳥の発声学習能力が問題解決スキルや脳の大きさと関連

歌う鳥の発声学習能力が問題解決スキルや脳の大きさと関連

ヨーロッパムクドリの持つレパートリーは非常に驚くべきものです。生涯を通じてさまざまなさえずりや鳴き声、歌を学ぶこの多才な鳥は、発声学習において最も進化している鳥の一つとされています。そして今、新しい研究が、ムクドリや他の複雑な発声学習を持つ鳥が優れた問題解決能力も持つことを明らかにしました。このオープンアクセスの論文は「Science」誌に「Songbird Species That Display More-Complex Vocal Learning Are Better Problem-Solvers and Have Larger Brains(発声学習がより複雑な鳥は、問題解決能力が高く、脳も大きい)」というタイトルで2023年9月15日に掲載されました。

「複雑な発声学習を持つのは高度な知性を持つ動物だけだという長い間の仮説があります」と、The Rockefeller Universityのエーリッヒ・ジャーヴィス博士(Erich Jarvis)の研究室に所属するジャン=ニコラ・オーデ博士(Jean-Nicolas Audet)は語ります。「それが真実であるならば、複雑な発声学習を持つ動物は他の認知タスクにおいても優れているはずですが、それが証明されたことはこれまでありませんでした。」

歌う鳥の発声学習能力が問題解決スキルや脳の大きさと関連 ツイートする

おすすめの記事