糞便微生物叢移植が癌患者の免疫療法への反応を助ける可能性を新研究が示唆

免疫療法薬に反応しない癌患者において、腸内微生物(腸内細菌叢として知られている)の組成を糞便移植により調整することで、免疫療法薬に反応するようになるかもしれないと新研究が示唆している。国立衛生研究所の一部である国立癌研究所(NCI)癌研究センターの研究者がピッツバーグ大学医療センター(UPMC)ヒルマン癌センターの研究者と共同研究を実施した。この研究では、免疫療法の一種である免疫チェックポイント阻害剤による治療に最初は反応しなかった進行性黒色腫の一部の患者が、薬に反応した患者からの糞便微生物叢の移植を受けた後、薬に反応したという。この結果は、特定の糞便微生物を患者の結腸に導入すると、免疫系が腫瘍細胞を認識して殺す能力を高める薬に患者が反応するのに役立つ可能性があることを示唆している。この調査結果は、Scienceの2021年2月5日号に掲載された。この論文は「糞便微生物叢移植が黒色腫患者の抗PD-1療法に対する耐性を克服する(Fecal Microbiota Transplant Overcomes Resistance to Anti–PD-1 Therapy in Melanoma Patients)」と題されている。

  ログインしてください。