糞便微生物叢移植が癌患者の免疫療法への反応を助ける可能性を新研究が示唆

2021
2月 24
(水)
12:00
免疫学のバイオニュース

糞便微生物叢移植が癌患者の免疫療法への反応を助ける可能性を新研究が示唆

免疫療法薬に反応しない癌患者において、腸内微生物(腸内細菌叢として知られている)の組成を糞便移植により調整することで、免疫療法薬に反応するようになるかもしれないと新研究が示唆している。国立衛生研究所の一部である国立癌研究所(NCI)癌研究センターの研究者がピッツバーグ大学医療センター(UPMC)ヒルマン癌センターの研究者と共同研究を実施した。この研究では、免疫療法の一種である免疫チェックポイント阻害剤による治療に最初は反応しなかった進行性黒色腫の一部の患者が、薬に反応した患者からの糞便微生物叢の移植を受けた後、薬に反応したという。この結果は、特定の糞便微生物を患者の結腸に導入すると、免疫系が腫瘍細胞を認識して殺す能力を高める薬に患者が反応するのに役立つ可能性があることを示唆している。この調査結果は、Scienceの2021年2月5日号に掲載された。この論文は「糞便微生物叢移植が黒色腫患者の抗PD-1療法に対する耐性を克服する(Fecal Microbiota Transplant Overcomes Resistance to Anti–PD-1 Therapy in Melanoma Patients)」と題されている。

「近年、PD-1およびPD-L1阻害剤と呼ばれる免疫療法薬は、特定の種類の癌を患う多くの患者に利益をもたらしたが、癌が反応しない患者を助けるための新しい戦略が必要だ。」と研究共同リーダーで NCIの癌研究センターの統合癌免疫学研究所の責任者であるGiorgio Trinchieri 医学博士は述べた。「我々の研究は、腸内細菌叢の組成を変えることで免疫療法への反応を改善できることを患者に示した最初の研究の1つだ。 このデータは、腸内細菌叢が癌の治療標的になり得るという概念実証を提供する。」
Trinchieri博士は、免疫療法薬に対する腫瘍の耐性を克服するために重要な微生物を特定し、関与する生物学的メカニズムを調査するために、さらに研究が必要であると付け加えた。

研究によると、腸内の細菌やウイルスのコミュニティは、免疫系と、化学療法や免疫療法に対するその反応に影響を与える可能性がある。 たとえば、以前の研究では、免疫療法薬に反応しない担癌マウスは、薬に反応したマウスから特定の腸内微生物を受け取った場合に反応し始める可能性があることが示されている。
腸内細菌叢を変えると、免疫療法薬に抵抗する腫瘍の微小環境が「再プログラム」され、これらの薬による治療により有利になる可能性がある、とTrinchieri博士は述べている。

糞便移植が安全であり、癌患者が免疫療法によりよく反応するのを助けるかもしれないかどうかをテストするために、Trinchieri博士と彼の同僚は、進行した黒色腫の患者のための小さなシングルアーム臨床試験を開発した。 この患者の腫瘍は、免疫チェックポイント阻害剤であるペンブロリズマブ(Keytruda)またはニボルマブ(Opdivo)を単独で、または他の薬剤と組み合わせて投与した1回以上の治療に反応しなかった。 免疫チェックポイント阻害剤は、免疫系が腫瘍細胞を攻撃するのを防ぐブレーキを解除する。
この研究では、ペンブロリズマブに反応した進行性黒色腫の患者から得られた糞便移植を分析して、感染性病原体が感染しないことを確認した。 生理食塩水および他の溶液で治療した後、糞便移植片は結腸内視鏡検査によって患者の結腸に送達され、各患者はペムブロリズマブも投与された。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(519)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    化学的に多様な骨格のヒト内在性リガンドが400化合物含まれたライブラリ  Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリは、オーファン受容体の研究におけるリガンド探索や、新しい疾患代謝経路の解明に有用です。 ドラッグディスカバリーでは強いアフィニティー分子の中からヒットを選ぶので後のオプティマイズや工夫が困難であったり、他社と似通った化合物やターゲットでHTS(High Throughput Screening)を行うのでヒット率の低さが課題となっています。 Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリを用いれば、程良いアフィニティー(10nM - 1μM)で且つ化学的に多様な骨格の、毒性の無いオプティマイズ可能な新規リード分子の探索が可能です。 弊社専門家集団(生物学者、薬理学者、メディシナルケミストら)がバリデートした、無毒性でオプ ...もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム