糞便微生物叢移植が癌患者の免疫療法への反応を助ける可能性を新研究が示唆

糞便微生物叢移植が癌患者の免疫療法への反応を助ける可能性を新研究が示唆

免疫療法薬に反応しない癌患者において、腸内微生物(腸内細菌叢として知られている)の組成を糞便移植により調整することで、免疫療法薬に反応するようになるかもしれないと新研究が示唆している。国立衛生研究所の一部である国立癌研究所(NCI)癌研究センターの研究者がピッツバーグ大学医療センター(UPMC)ヒルマン癌センターの研究者と共同研究を実施した。この研究では、免疫療法の一種である免疫チェックポイント阻害剤による治療に最初は反応しなかった進行性黒色腫の一部の患者が、薬に反応した患者からの糞便微生物叢の移植を受けた後、薬に反応したという。この結果は、特定の糞便微生物を患者の結腸に導入すると、免疫系が腫瘍細胞を認識して殺す能力を高める薬に患者が反応するのに役立つ可能性があることを示唆している。この調査結果は、Scienceの2021年2月5日号に掲載された。この論文は「糞便微生物叢移植が黒色腫患者の抗PD-1療法に対する耐性を克服する(Fecal Microbiota Transplant Overcomes Resistance to Anti–PD-1 Therapy in Melanoma Patients)」と題されている。



「近年、PD-1およびPD-L1阻害剤と呼ばれる免疫療法薬は、特定の種類の癌を患う多くの患者に利益をもたらしたが、癌が反応しない患者を助けるための新しい戦略が必要だ。」と研究共同リーダーで NCIの癌研究センターの統合癌免疫学研究所の責任者であるGiorgio Trinchieri 医学博士は述べた。「我々の研究は、腸内細菌叢の組成を変えることで免疫療法への反応を改善できることを患者に示した最初の研究の1つだ。 このデータは、腸内細菌叢が癌の治療標的になり得るという概念実証を提供する。」
Trinchieri博士は、免疫療法薬に対する腫瘍の耐性を克服するために重要な微生物を特定し、関与する生物学的メカニズムを調査するために、さらに研究が必要であると付け加えた。

研究によると、腸内の細菌やウイルスのコミュニティは、免疫系と、化学療法や免疫療法に対するその反応に影響を与える可能性がある。 たとえば、以前の研究では、免疫療法薬に反応しない担癌マウスは、薬に反応したマウスから特定の腸内微生物を受け取った場合に反応し始める可能性があることが示されている。
腸内細菌叢を変えると、免疫療法薬に抵抗する腫瘍の微小環境が「再プログラム」され、これらの薬による治療により有利になる可能性がある、とTrinchieri博士は述べている。

糞便移植が安全であり、癌患者が免疫療法によりよく反応するのを助けるかもしれないかどうかをテストするために、Trinchieri博士と彼の同僚は、進行した黒色腫の患者のための小さなシングルアーム臨床試験を開発した。 この患者の腫瘍は、免疫チェックポイント阻害剤であるペンブロリズマブ(Keytruda)またはニボルマブ(Opdivo)を単独で、または他の薬剤と組み合わせて投与した1回以上の治療に反応しなかった。 免疫チェックポイント阻害剤は、免疫系が腫瘍細胞を攻撃するのを防ぐブレーキを解除する。
この研究では、ペンブロリズマブに反応した進行性黒色腫の患者から得られた糞便移植を分析して、感染性病原体が感染しないことを確認した。 生理食塩水および他の溶液で治療した後、糞便移植片は結腸内視鏡検査によって患者の結腸に送達され、各患者はペムブロリズマブも投与された。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)