タウタンパク質の『もつれ』がアルツハイマー病の脳でどのように発達するのかが明らかに。

2021
2月 22
(月)
09:00
脳科学のバイオニュース

タウタンパク質の『もつれ』がアルツハイマー病の脳でどのように発達するのかが明らかに。

オーストラリア のクイーンズランド大学(UQ)の研究者は、認知症やアルツハイマー病の原因となる可能性がある脳細胞の新しい「播種」プロセスを発見した。 UQのクイーンズランド脳研究所の認知症研究者であるJürgen Götz 博士は、この研究により、絡み合ったニューロンは、認知症の特徴的な兆候であり、細胞プロセスによって部分的に形成され、有毒なタウタンパク質が健康な脳細胞に漏れることを可能にすることが明らかになったと述べた。
「これらの漏れは、タウのもつれを引き起こし、最終的には記憶喪失やその他の障害につながる、損傷を与えるシードプロセスを形成する」とGötz教授は述べている。 Götz教授は、これまで、研究者らはタウシードが健康な細胞に取り込まれた後、どのように逃げることができるのか理解していなかったと述べた。
「アルツハイマー病の人では、細胞内外にメッセージを運ぶエクソソームによって、細胞膜に穴を開けて有毒なタウシードを逃がす反応を引き起こすようだ」と彼は述べた。 「より多くのタウが脳に蓄積するにつれて、それは最終的にもつれを形成し、アミロイドプラークとして知られる異常に構成されたタンパク質と一緒に、それらは神経疾患の重要な特徴を形成する。」

この新しい研究結果は、2021年1月8日にActa Pathologica のオンラインで公開された論文に記載されている。 このオープンアクセスの論文は、「エクソソームは、エクソソームのタウシードが細胞質ゾルに逃げるゲートウェイとしてエンドリソソームの透過性を誘導する(Exosomes Induce Endolysosomal Permeabilization As a Gateway by Which Exosomal Tau Seeds Escape into the Cytosol.)」と題されている。

この要約の中で、著者は次のように述べている。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(711)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    化学的に多様な骨格のヒト内在性リガンドが400化合物含まれたライブラリ  Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリは、オーファン受容体の研究におけるリガンド探索や、新しい疾患代謝経路の解明に有用です。 ドラッグディスカバリーでは強いアフィニティー分子の中からヒットを選ぶので後のオプティマイズや工夫が困難であったり、他社と似通った化合物やターゲットでHTS(High Throughput Screening)を行うのでヒット率の低さが課題となっています。 Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリを用いれば、程良いアフィニティー(10nM - 1μM)で且つ化学的に多様な骨格の、毒性の無いオプティマイズ可能な新規リード分子の探索が可能です。 弊社専門家集団(生物学者、薬理学者、メディシナルケミストら)がバリデートした、無毒性でオプ ...もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム