タウタンパク質の『もつれ』がアルツハイマー病の脳でどのように発達するのかが明らかに。

オーストラリア のクイーンズランド大学(UQ)の研究者は、認知症やアルツハイマー病の原因となる可能性がある脳細胞の新しい「播種」プロセスを発見した。 UQのクイーンズランド脳研究所の認知症研究者であるJürgen Götz 博士は、この研究により、絡み合ったニューロンは、認知症の特徴的な兆候であり、細胞プロセスによって部分的に形成され、有毒なタウタンパク質が健康な脳細胞に漏れることを可能にすることが明らかになったと述べた。「これらの漏れは、タウのもつれを引き起こし、最終的には記憶喪失やその他の障害につながる、損傷を与えるシードプロセスを形成する」とGötz教授は述べている。 Götz教授は、これまで、研究者らはタウシードが健康な細胞に取り込まれた後、どのように逃げることができるのか理解していなかったと述べた。

  ログインしてください。