前立腺がん診断の未来:血液ベースの液体生検の臨床的意義

前立腺がん診断の未来:血液ベースの液体生検の臨床的意義

過去10年間で、がん患者の血液サンプルを採取し、原発腫瘍や転移性増殖から放出される細胞、膜結合性小胞または分子を分析することは、従来の組織生検に代わる選択肢として注目されるようになりました。
この最小限の侵襲性アプローチは血液ベースの液体生検として知られるようになり、多様ながんの管理において重要な役割を果たすようになり、精密医療の重要な構成要素となりました。
Oncoscience(第10巻)で2023年11月30日に公開された論文では、ノバサウスイースタン大学のR. ダニエル・ボンフィル博士(R. Daniel Bonfil, PhD)とガイス・アルエイド博士(Ghaith Al-Eyd, MD, PhD)が、前立腺がん(PCa)管理に関連する3つの血液ベースの液体生検、すなわち循環腫瘍細胞(CTCs)、循環腫瘍DNA(ctDNA)および腫瘍由来エクソソームについて議論しています。この論文は「前立腺がんの問診における血液ベースの液体生検の進化する洞察(Evolving Insights in Blood-Based Liquid Biopsies for Prostate Cancer Interrogation.)」と題されています。

「この研究の視点では、前立腺がんにおける血液ベースの液体生検の臨床的意義に関連する最近の進歩についての包括的な概観を提供します。主な焦点は、循環腫瘍細胞(CTCs)、循環腫瘍DNA(ctDNA)、およびエクソソームといった主要なバイオマーカーに置かれています」と著者は述べています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー