ホジキンリンパ腫の遺伝子プロファイル分析が開く新たな治療の可能性

ホジキンリンパ腫の遺伝子プロファイル分析が開く新たな治療の可能性

スタンフォード大学医学部が主導する国際研究で、ホジキンリンパ腫の患者数百人のサンプルを調査した結果、血中に循環する腫瘍DNAのレベルが治療によく反応している患者と、病気の再発が起こりやすいとされる他の患者を識別できることが示されました。これにより、予後が良好であると予測される一部の患者は、長期間にわたる治療を避けることが可能になるかもしれません。驚くべきことに、この研究はまた、リンパ節のがんであるホジキンリンパ腫を、それぞれが異なる遺伝的変化を持ち、やや異なる予後を持つ2つのグループに分けることができることを明らかにしました。これらの変化は、がんの成長メカニズムにおける弱点を示唆しており、新しい、より毒性の低い治療法の標的となる可能性があります。腫瘍の分子プロファイルを確立する考え方は新しいものではありません。しかし、他のがんとは異なり、ホジキンリンパ腫はこれらの種類の分析に抵抗してきました。それは、ホジキンリンパ腫の細胞が、大きな腫瘍内でも比較的稀であるためです。

「このアプローチは、古典的ホジキンリンパ腫の遺伝学に関する私たちの最初の重要な洞察を提供します。他のがんと比較して、ホジキンリンパ腫のがん細胞またはがんDNAを見つけることは、針の山から針を探すようなものです。患者の胸にサッカーボールサイズの腫瘍があっても、その塊の中の細胞の約1%しかがん細胞ではなく、残りは腫瘍に対する炎症反応を代表しています。これは、病気を推進する決定的な要因を見つけることを非常に困難にしています。」と、アシュ・アリザデ博士(Ash Alizadeh, MD, PhD)は述べています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー