インフルエンザAウイルス検出用の金属増強蛍光プローブを開発。プローブを組み込んだセンサーにより、迅速、正確、費用対効果が高く、高感度な分子診断が可能に。

インフルエンザAウイルス検出用の金属増強蛍光プローブを開発。プローブを組み込んだセンサーにより、迅速、正確、費用対効果が高く、高感度な分子診断が可能に。

第一次世界大戦中のインフルエンザの流行、2010年代の中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)の流行、そして近年のCOVID-19パンデミックは、伝染性のあるウイルス性呼吸器疾患が人類の歴史の中で頻繁に出現することを明らかにしました。人口密度の増加、交通機関での密接な接触、およびコネクティビティの向上により、このようなウイルス感染の拡散率が著しく増加しています。ウイルスの伝播と大規模な感染を最小限に抑えるためには、ウイルスを検出し、特定することができる迅速な診断テストが感染した患者の効果的な隔離と治療に不可欠です。

近年、ウイルス検出の診断ツールとして蛍光ラテラルフローイムノアッセイ(fluorescence-based lateral flow immunoassay : LFI)が人気を集めています。これは、ウイルス量が存在する特殊な照明条件下で発光する分子を使用する迅速なウイルス検出プラットフォームです。しかし、検出感度に関連するいくつかの問題により、この検出プラットフォームの性能は限定されています。最近の研究では、韓国の光州科学技術院(GIST)の化学科のミンゴン・キム教授(Min-Gon Kim)が率いる研究チームが、複雑な診断用ラボ機器を必要とせずに、インフルエンザウイルスタンパク質を正確かつ迅速に検出できる金ナノロッド(GNR)ベースのプローブで強化されたこれらの蛍光ベースのLFIsを実証しました。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)