エクソソームを用いた血液検査でパーキンソン病と多系統萎縮症の識別に成功

UCLAヘルスの研究者らは、パーキンソン病と多系統萎縮症(MSA)というよく似た2つの運動障害を見分けることができる血液検査を開発した。この検査法は、脳細胞から送り出されて血液中に混入する「 エクソソーム 」と呼ばれる微小な小胞の内容物を分析することで、パーキンソン病を識別するもので、現在は研究用に限定されている。

  ログインしてください。