Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

キンカチョウを発声障害の動物モデルとしてパーキンソン病遺伝子との関連性を発見。 パーキンソン病の早期診断につながる可能性。

パーキンソン病は、運動に関する症状、特に震えやこわばりでよく知られているかもしれない。しかし、この病気は発声を妨げることでも知られており、パーキンソン病患者の声は柔らかい単調なものになる。これらの症状は、発症のかなり早い時期、つまり運動関連の症状より数十年も前に現れることが研究により示唆されている。アリゾナ大学の神経科学者の新しい研究により、パーキンソン病とよく関連する特定の遺伝子が、声に関する問題の背後にある可能性が示唆された。この発見は、パーキンソン病患者の早期診断と治療につながる可能性がある。
この研究は、理学部の神経科学および言語聴覚科学の助教授であるジュリー・E・ミラー博士の研究室で行われた。ミラー博士は、神経科学部門と神経科学大学院の学際的プログラムを兼任しており、アリゾナ大学BIO5研究所のメンバーでもある。
この研究は、2022年5月4日(水)に科学雑誌PLOS ONEに掲載された。ミラー博士の研究室の元博士課程学生で、現在ジョンズ・ホプキンス大学の博士研究員であるセザール・A・メディナ氏が論文の主執筆者だ。また、アリゾナ大学の元学部生で、間もなく医学部-ツーソン校に入学予定のエディ・バルガス氏と、神経科学科の研究員であるステファニー・マンガー氏が研究に参加した。
このオープンアクセスのPLOS One論文は「歌専用の前脳経路におけるαシヌクレインの過剰発現によるパーキンソン病モデルにおける発声変化(Vocal Changes in a Zebra Finch Model of Parkinson's Disease Characterized by Alpha-Synuclein Overexpression in the Song-Dedicated Anterior Forebrain Pathway)」と題されている。


ゲスト 715人 と メンバー 3人 がオンラインです

New Members

miura

OnLine
大学/大学院
2022年11月29日(火)

kawakimi

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年11月29日(火)

RIn

OffLine
大学/大学院
2022年11月28日(月)

hyoshizaki

OffLine
研究機関(営利)
2022年11月28日(月)

gepb2000

OffLine
大学/大学院
2022年11月23日(水)

terachi

OffLine
その他
2022年11月22日(火)

wimpie

OffLine
大学/大学院
2022年11月22日(火)

sasai

OffLine
医療機器メーカー
2022年11月18日(金)

あぐー

OffLine
大学/大学院
2022年11月17日(木)

ほま

OffLine
製薬会社
2022年11月17日(木)

mii_hkt

OffLine
食品メーカー
2022年11月14日(月)

uch

OffLine
診断薬メーカー
2022年11月14日(月)

obo

OffLine
機械メーカー
2022年11月13日(日)

anmitsun

OffLine
大学/大学院
2022年11月10日(木)
大学/大学院
2022年11月08日(火)

ruri

OffLine
大学/大学院
2022年11月08日(火)

kita

OffLine
大学/大学院
2022年11月07日(月)
化学メーカー
2022年11月07日(月)

yone

OffLine
大学/大学院
2022年11月07日(月)
大学/大学院
2022年11月05日(土)

サイト統計

登録ユーザ数
4003 人
掲載記事数
3314 記事