脂肪組織がCOVID-19の悪化に重要な役割を果たすという仮説

2020
12月 21
(月)
09:00
臨床医学のバイオニュース

脂肪組織がCOVID-19の悪化に重要な役割を果たすという仮説

脂肪組織がCOVID-19の悪化に重要な役割を果たすという証拠が増えている。 調査中の理論の1つは、脂肪細胞(adipocytes)がSARS-CoV-2の貯蔵庫として機能し、肥満または太りすぎの人のウイルス量を増加させるというものだ。科学者らはまた、感染中に脂肪細胞が血流中に放出され、生体内のウイルスによって引き起こされる炎症反応を促進すると考えている。
これらの仮説は、ブラジルのサンパウロ大学医学部(FM-USP)臨床外科の教授 Marilia Cerqueira Leite Seelaender博士の調整の下調査されており、英国オックスフォード大学の教授であり、2019年のノーベル生理学・医学賞(「細胞が酸素の利用可能性をどのように感知して適応するかを発見したこと」)の受賞者の1人であるPeter Ratcliffe 医学博士が協力している。
「敗血症に似た全身性炎症を引き起こすサイトカインストームは、一部の重症COVID-19患者で発生する。これらの炎症性因子は脂肪組織に由来すると考えられます。脂肪細胞が増殖しすぎると、体全体に炎症を引き起こす可能性があることが示されている。」とSeelaender博士は語った。

FM-USPのグループは、COVID-19で死亡した人々の剖検から得られた脂肪組織と、虫垂炎またはウイルス感染とは関係のないその他の理由で大学病院で緊急手術を受けなければならなかったSARS-CoV-2に感染した患者から得られた脂肪組織のサンプルを分析した。予備的な結果により、ウイルスは脂肪細胞に見られることが確認された。脂肪細胞の膜には、ウイルスがヒト細胞に侵入するために使用する主要な受容体であるACE-2が豊富に含まれている。
この研究者らは、ウイルスが脂肪細胞に侵入すると、脂肪細胞内で複製するのに十分な時間そこにとどまることができるかをまだ確認していない。 「(腹部の深部と内臓の周りにある)内臓脂肪細胞は、皮下脂肪組織よりもはるかに多くのACE2を持っていることは注目に値する」とSeelaender博士は述べた。 「さらに、それらははるかに炎症性だ。その結果、COVID-19に関する限り、内臓肥満はさらに有害になる傾向がある。」

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(536)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    酵素を用いない安価で簡単な組織からの細胞単離システム incellPREPは、細胞自体の分析やその後の細胞内外の解析のために、種々の組織から非常に簡単に。且つ、確実に細胞の単離が簡単に行えます。 酵素は使用せず、使い捨てのホモジナイズ方式により細胞へのダメージを最小限にしたシングルセル懸濁液が得られます。処理時間は10分程度で、 更に、同一FFPEサンプルから、RNA及びDNAが同時に回収することも可能です。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム