眼球新生血管治療用の抗体を送達するエクソソーム製剤が開発された。マウスモデルと霊長類モデルの両方で、強力な治療効果を確認。

眼球新生血管治療用の抗体を送達するエクソソーム製剤が開発された。マウスモデルと霊長類モデルの両方で、強力な治療効果を確認。

中国科学院プロセス工学研究所(IPE)、北京朝陽病院、クイーンズランド大学(オーストラリア)の研究者らは、脈絡膜新生血管治療のための血管内皮増殖因子(VEGF)抗体を送達するために、制御性T細胞エキソソーム(rEXS)をベースにした新しい製剤を開発した。2021年7月26日にNature Biomedical Engineeringのオンライン版に掲載されたこの論文は、「制御性T細胞由来のエクソソームに結合した開裂性VEGF抗体による脈絡膜新生血管の抑制(Reduction of Choroidal Neovascularization Via Cleavable VEGF Antibodies Conjugated to Exosomes Derived from Regulatory T Cells)」と題されている。

眼球新生血管は、加齢黄斑変性症や糖尿病性網膜症などの眼疾患と関連することが多く、重度の視力低下を引き起こす可能性がある。現在、臨床現場で行われている眼新生血管疾患の治療法は、VEGF抗体(aV)を眼内に注射することで、VEGFの活性を阻害し、病原性の血管新生を抑制するものだ。しかし、この治療法だけでは、房水との代謝が速く、病巣への集積が悪く、効果が限定的であるという問題がある。また、上記のaV治療を行っても、不完全な効果しか得られない患者も少なくない。

眼球新生血管治療用の抗体を送達するエクソソーム製剤が開発された。マウスモデルと霊長類モデルの両方で、強力な治療効果を確認。 ツイートする

おすすめの記事