南カリフォルニアのHOAG 病院は、癌の遺伝的リスクが高い人の癌検出と管理の早期疾患マーカーとしてエクソソームを研究。

南カリフォルニアのHOAG 病院は、癌の遺伝的リスクが高い人の癌検出と管理の早期疾患マーカーとしてエクソソームを研究。

カリフォルニア州オレンジ郡にある非営利の地域医療提供ネットワークのHoag Memorial Hospital Presbyterianは、癌診断、癌の進行、および治療抵抗性の初期疾患マーカーの可能性を特定および特徴付ける研究の開始を発表した。 Exosome Sciences社および、Aethlon Medical社の子会社との提携により、癌の遺伝的リスクが高い癌患者の エクソソーム 研究を開始する。


エクソソームは、癌細胞から豊富に放出されるナノ粒子であり、腫瘍の遺伝的およびタンパク質カーゴのスナップショットを提供できるため、癌の非侵襲的な液体生検の重要な標的となる。

Hoag Memorial Hospital PresbyterianのPrecision Medicineのプログラムディレクターであり、Hoagの主任研究者であるMichael Demeure医学博士は、次のように述べている。「液体生検には、癌の早期発見と潜在的な治療の有効性の評価をリアルタイムで実施できる可能性がある。Hoagには、癌を発症するリスクの高い多数の個人および家族を支援する積極的な遺伝性がんプログラムがあり、癌の発見において可能な限り早期かつ最も治療可能な段階でのブレークスルーの達成に取り組んでいる。」

{tweetme url=https://biomarket.jp/bioquicknews/article837.html }南カリフォルニアのHOAG 病院は、癌の遺伝的リスクが高い人の癌検出と管理の早期疾患マーカーとしてエクソソームを研究。 {/tweetme}

おすすめの記事