ミトコンドリアDNA減少が乳がん転移の原因に

2014
12月 8
(月)
15:30
遺伝子研究のバイオニュース

ミトコンドリアDNA減少が乳がん転移の原因に

以前から研究者は、侵襲性の強いタイプの乳がん患者のがん細胞にはミトコンドリアDNAが少ないという観察結果に注目していた。しかし、そのような特徴ががん進行にどのように影響するのかということについては誰にも分からなかった。最近になってようやく、University of Pennsylvaniaの研究チームが、ミトコンドリアDNAの減少で人間の乳がん細胞が侵襲性の強い転移性を獲得することを明らかにした。
2013年11月4日付オンライン版Oncogene誌に掲載されたこの研究論文は、なぜ一部のがんは他のがんに比べて進行も広がりも速いのかという疑問を解明する新しい手がかりを与えており、臨床医にとっては特に侵襲性の強いがんの患者を特定するバイオマーカーとして利用でき、治療法の個人化を進める上で役立つと考えられる。この研究は、Penn School of Veterinary Medicineの主任研究員、Dr. Manti Guhaと、Department of Animal BiologyのHarriet Ellison Woodward Professor of Biochemistryを務めるDr. Narayan Avadhaniが指導して進められた。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(5231)

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム