マウスで加齢に伴う記憶喪失を回復させた研究者ら、人用の経口薬の開発を目指す

ケンブリッジ大学とリーズ大学の科学者らは、加齢に伴う記憶喪失をマウスで元に戻すことに成功し、この発見は、加齢に伴う人の記憶喪失を防ぐ治療法の開発につながる可能性があると述べている。研究チームは、2021年7月16日にMolecular Psychiatry誌に掲載された研究で、脳の細胞外マトリックス(神経細胞を取り巻く「足場」)の変化が、加齢に伴う記憶の喪失につながるが、遺伝子治療によってこれらを逆転させることが可能であることを示した。このオープンアクセス論文は、「コンドロイチン6硫酸は加齢における神経可塑性と記憶に必要(Chondroitin 6-Sulphate Is Required for Neuroplasticity and Memory in Ageing)」と題されている。

  ログインしてください。