アルツハイマー病の早期疾患診断、疾患モニタリング、創薬の有効化に役立つ、有毒なアミロイドベータオリゴマーを検出定量する抗体が開発された

アルツハイマー病の早期疾患診断、疾患モニタリング、創薬の有効化に役立つ、有毒なアミロイドベータオリゴマーを検出定量する抗体が開発された

健康な脳細胞を破壊するアルツハイマー病の有毒な粒子を特定する抗体の設計法が発見された。この悲惨な病気との戦いにおける潜在的な進歩と言える。 新しい方法は、アミロイドベータオリゴマーとして知られている有毒な粒子を認識できる(画像はアミロイドベータペプチド1-42の溶液での形を示している)。この抗体はアルツハイマー病および他の形態の認知症の新しい診断方法の開発につながる可能性がある。ケンブリッジ大学、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ、およびルンド大学のチームは、毒性のあるオリゴマーの検出とその数の定量化において非常に正確な抗体を設計した。 この結果はPNASで報告された。


「オリゴマーを認識する定量的方法の緊急のアンメットニーズがある-これはアルツハイマー病で主要な役割を果たすが、標準的な抗体発見戦略にはとらえどころのないものだ」と英国で研究を主導したケンブリッジのミスフォールディング病センターのMichele Vendruscolo 博士は述べた。 「我々は革新的な設計戦略を通じて、これらの毒性粒子を認識する抗体を発見した。」


認知症は英国の主要な死因の1つであり、毎年260億ポンド(約3.4兆円)以上の費用がかかる。これは、今後25年間で2倍以上になると予測されている。 推定によれば、世界経済に対する現在のコストは年間1兆ポンド近く(約131兆円)とされている。
認知症の最も一般的な形態であるアルツハイマー病は、脳全体の神経細胞の死および組織の喪失を引き起こし、その結果、記憶障害、人格の変化、および日常的な活動を行う際の問題を引き起こす。 オリゴマーと呼ばれるタンパク質の異常な塊は、認知症の原因として科学者に認識されている。 アミロイド仮説によると、タンパク質は通常、重要な細胞プロセスを担っているが、人々がアルツハイマー病を患っている場合、これらのタンパク質(特に、アミロイドベータタンパク質を含む)は不正になり、健康な神経細胞を殺してしまう。
タンパク質が適切に機能するには、厳密に調節される必要がある。 この品質管理プロセスが失敗すると、タンパク質が誤って折りたたまれ、連鎖反応が始まり、脳細胞が死に至る。 誤って折りたたまれたタンパク質は、脳細胞間に蓄積するプラークと呼ばれる異常なクラスターを形成し、それらが適切に信号を送るのを停止する。 死にかけている脳細胞にはもつれ、タンパク質のねじれた鎖も含まれており、生命維持に不可欠な細胞輸送システムを破壊する。つまり、栄養素やその他の必須供給物が細胞内を移動できなくなる。
アルツハイマー病の臨床試験は400件を超えているが、病気の経過を変える薬は承認されていない。 英国では、認知症は死亡原因の上位10位に入っている。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー