アルツハイマー病の早期疾患診断、疾患モニタリング、創薬の有効化に役立つ、有毒なアミロイドベータオリゴマーを検出定量する抗体が開発された

健康な脳細胞を破壊するアルツハイマー病の有毒な粒子を特定する抗体の設計法が発見された。この悲惨な病気との戦いにおける潜在的な進歩と言える。 新しい方法は、アミロイドベータオリゴマーとして知られている有毒な粒子を認識できる(画像はアミロイドベータペプチド1-42の溶液での形を示している)。この抗体はアルツハイマー病および他の形態の認知症の新しい診断方法の開発につながる可能性がある。ケンブリッジ大学、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ、およびルンド大学のチームは、毒性のあるオリゴマーの検出とその数の定量化において非常に正確な抗体を設計した。 この結果はPNASで報告された。

  ログインしてください。