新型コロナウイルスSARS-CoV-2は、本当は血管疾患かもしれない

2020
6月 10
(水)
08:30
微生物/ウイルス研究のバイオニュース

新型コロナウイルスSARS-CoV-2は、本当は血管疾患かもしれない

最初は肺炎の形で肺に大きく影響すると考えられていたCOVID-19だが、2020年4月にCOVID-19に起因する多くの謎の症状の1つとして血栓が浮上した。 この直後、コロナウイルス関連の脳卒中が原因で若者が亡くなったという報告が出され、その次に、COVIDつま先という、痛みを伴う赤または紫の指が報告された。
これらの症状のすべてに共通するものは何か? 血液循環の障害だ。 COVID-19による死亡の40%が心血管合併症に関連しており、純粋な呼吸器疾患の代わりに、この疾患が血管感染症のように見え始めた。
パンデミックの数か月後、新型コロナウイルスが血管に感染し、血栓、脳卒中、心臓発作の高い有病率について、頭から足の指の症状に対するさまざまな答えを提供しうる理論を支持する証拠が増えている。

「これらのCOVID関連の合併症はすべて謎だった。血液凝固、腎臓の損傷、心臓の炎症、脳卒中、脳炎[脳の腫れ]が見られる。」と Angiogenesis Foundationの会長であるWilliam Li 医学博士は述べた。 「SARSやH1N1または率直に言って、ほとんどの感染症で通常見られない現象だ。」

「出現しているすべてのデータをまとめ始めた場合、このウイルスはおそらく血管指向性ウイルスであることがわかる。つまり、それは血管に影響を及ぼす」とブリガムアンドウーマンズのメディカルディレクターでありボストンの病院心臓血管センターのMandeep Mehra医師は述べている。
2020年4月20日にThe Lancetのオンラインで発表された論文で、Mehra博士とそのチームは、SARS-CoV-2ウイルスが血管の内側を覆う内皮細胞に感染する可能性があることを発見した。
内皮細胞は心血管系を保護し、血液凝固から免疫反応まですべてに影響を与えるタンパク質を放出する。 ランセット紙では、科学者たちはCOVID-19を持つ人々の肺、心臓、腎臓、肝臓、腸の内皮細胞への損傷を示した。 このLancetの論文は、「COVID-19における内皮細胞感染と内皮炎(Endothelial Cell Infection and Endotheliitis in COVID-19.)」と題されている。

「分かりつつあるコンセプトは、これは呼吸器疾患だけではないということだ。 これはもともと呼吸器疾患だが、実際には血管系の関与によって人々を殺すのは血管疾患だ」とMehra博士は述べている。
血球に感染し、体内を循環する呼吸器ウイルスは、ほとんど前代未聞だ。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(1789)

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム