COVID-19のマウスモデルで鼻腔内投与されたペプチドが療法効果を示した

COVID-19のマウスモデルで鼻腔内投与されたペプチドが療法効果を示した

シカゴにあるラッシュ大学医療センターの新研究で、マウスの COVID-19 モデルに鼻からペプチドを導入したところ、効果を示したという。 このペプチドは、発熱を抑え、肺を保護し、心臓機能を改善し、「サイトカインストーム」(感染が免疫系を誘発して炎症性タンパク質で血流を溢れさせる状態)を逆転させるのに効果的であることが証明された。この研究者らはまた、病気の進行を防ぐことに成功したと報告している。2021年1月11日にJournal of Neuroimmune Pharmacologyにオンラインで公開されたこの論文は「SARS-CoV-2(AIDS)ペプチドのACE-2相互作用ドメインが炎症を抑制して発熱を抑え、マウスの肺と心臓を保護する:COVID-19療法への影響(ACE-2-interacting Domain of SARS-CoV-2 (AIDS) Peptide Suppresses Inflammation to Reduce Fever and Protect Lungs and Heart in Mice: Implications for COVID-19 Therapy.)」と題されている。



「これは、SARS-CoV-2感染を防ぎ、COVID-19患者を呼吸の問題や心臓の問題から保護するための新しいアプローチになる可能性がある」「メカニズムを理解することがCOVID-19の効果的な治療法を開発するために重要であることが証明されている。集中治療室(ICU)の多くのCOVID-19患者は影響を与えるサイトカインストームに苦しんでいる 肺、心臓、その他の臓器。ステロイドなどの抗炎症療法が利用可能だが、これらの治療法は免疫抑制を引き起こすことがよくある。」「SARS-CoV-2はアンギオテンシン変換酵素2(ACE2)に結合して細胞に侵入するため、 SARS-CoV-2のACE2相互作用ドメインに対応するヘキサペプチドを設計して、ウイルスとACE-2の結合を阻害した」と、ラッシュ大学医療センターのフロイドA.デイビス神経学教授でありジェシーブラウンVA医療センターの研究キャリアサイエンティストでもあるKalipada Pahan博士は述べた。

COVID-19のマウスモデルで鼻腔内投与されたペプチドが療法効果を示した ツイートする

おすすめの記事