糖尿病、心臓病など代謝障害の新しい治療法としてセラミドの役割が浮き彫りに

2019
7月 18
(木)
11:30
創薬研究のライフサイエンスニュース

糖尿病、心臓病など代謝障害の新しい治療法としてセラミドの役割が浮き彫りに

たった2つの水素原子の位置をずらすだけの小さな化学変化が健康なマウスとインスリン抵抗性および脂肪肝を持つマウスとの違いを引き起こし、糖尿病と心臓病の主な危険因子になることを突き止めた。この変化を加えることで、高脂肪食を与えられたマウスにおけるこれらの症状の発症を防ぎ、肥満マウスにおける前糖尿病を逆転させた。 科学者たちは、dihydroceramide desaturase 1(DES1)と呼ばれる酵素を失活させることで代謝性疾患の流れを変えた。酵素がセラミドと呼ばれる脂肪脂質から水素を除去するのを止めれば、体内のセラミドの総量を減らす効果がある。
この発見は、代謝健康におけるセラミドの役割を浮き彫りにし、前糖尿病、糖尿病、心臓病など何億人ものアメリカ人の健康に影響を与える代謝障害の新しい治療法を開発するための「新薬の開発につながるような」ターゲットであるDES1に光を当てたものだ。

ユタ大学ヘルスアンドメルク研究所の科学者らは、2019年7月4日にサイエンス誌のオンライン版で発表したこの研究を主導した。この論文のタイトルは「セラミド二重結合を標的にしてインスリン抵抗性と肝脂肪症を改善する(Targeting a Ceramide Double Bond Improves Insulin Resistance and Hepatic Steatosis.)」と題されている。

ユタ大学の栄養および統合生理学会長のScott Summers博士(写真右)は、次のように述べている。「非常に効果的で潜在的な治療戦略を特定し、複雑な生物系が化学の微妙な変化によってどのように影響を受けるかに光を当てた。」 Summers博士は、以前からMerck Research LaboratoriesのDavid Kelley医師と共同研究を行なっていた。

「我々の研究は、セラミドが代謝の健康に影響を与えるということを示している。」とSummers博士は語った。 「我々はセラミドを次のコレステロールとして考えている。」

セラミドを下げることが糖尿病と代謝性疾患の徴候を逆転させることができることを初めて発見したのはSummers博士のグループではない。しかし、以前の実験で使用された技術は重篤な副作用を引き起こし、このアプローチが治療用途には適していないことを示している。今回は、問題のためにハンマーではなく、すばらしいメスを開発した。彼らは、可能な限り小さい変更を正確な時間と場セラミドを下げるために、研究者らはセラミド合成の最終段階を2つの方法でブロックした。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(450)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ(ゲルカラム担体)です。 特にこれまで研究者のご不満の多かったラットやマウスのモノクローナル抗体も簡単・高純度に精製できます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3321人
2019年10月21日 現在
新メンバー
PHC 2019/10/18
Katty 2019/10/16
のりたけ 2019/10/16
samurai 2019/10/14
わたなべ 2019/10/11
bioacety 2019/10/11
おかき 2019/10/7
Tyoshi 2019/10/4
ハッシー 2019/10/4
188026 2019/10/3
しんたろうお 2019/10/3
0017os1 2019/10/1
JJJJJ 2019/9/30
seele04 2019/9/29
shokupan 2019/9/28
29 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会