攻撃的な大腸癌細胞でアポトーシスを元に戻す真菌化合物の全合成に成功

2020
7月 3
(金)
09:30
創薬研究のバイオニュース

攻撃的な大腸癌細胞でアポトーシスを元に戻す真菌化合物の全合成に成功

癌細胞は、多くの場合、増殖するために特別なテクニックを使用する。 彼らは突然変異によって「プログラムされた死」を無効にし、生涯が終わったときに死ぬことを「忘れ」、代わりに成長し続ける。 東京理科大学の研究チームは、特定の癌細胞で自己破壊プログラムを再活性化できる真菌化合物を大量に人工的に生産し、潜在的な癌治療戦略を提供する方法を開発した。
すべてのヒトの体細胞には一定の寿命があり、その間に体細胞は本質的な義務を果たす。 この寿命の終わりに、それらは老化に達し、もはやそれらの義務を果たすことができなくなり、死ぬ。 この自殺死は、アポトーシスと呼ばれるプロセスを通じて遺伝子にプログラムされ、新鮮で若くて健康な細胞がそれらを置き換える方法を作るために、自己破壊させる。

p53と呼ばれる特別な遺伝子の変異は、このアポトーシスのプロセスを妨げることがある。 老化、紫外線、および/またはさまざまな変異原性化合物によって引き起こされるこれらの変異は、アポトーシスを無効にし、死なずに増殖し続ける「ゾンビ」細胞をもたらし、無効にする変異を広げ、健康な作動細胞を不死の腫瘍の急速な成長に置き換える。 これが我々が癌と呼んでいる病気で、どの体細胞が突然変異を起こしているかによって様々な形をとる。

以前に研究者は、アスコキタ(Ascochyta)と呼ばれる糸状菌の種でFE399と呼ばれる抗癌化合物を特定した。これは、穀物などの一般的な食用作物を苦しめることがある。 この化合物は二環式デプシペプチド (depsipeptide) であり、癌性のヒト細胞、特に結腸直腸癌の細胞にアポトーシスを誘導することが示されているが、それらはまだin vitroであり、抗癌剤としての可能性があることを示している。
[編集者注:デプシペプチドは、そのアミド-C(O)NHR-基の1つ以上が対応するエステル-C(O)ORで置き換えられたペプチドだ。 多くのデプシペプチドには、ペプチド結合とエステル結合の両方がある。 それらは主に海洋および微生物の天然物に含まれている。 いくつかのデプシペプチドは抗癌特性を示すことがわかっている。]

残念ながら、さまざまな化学的複雑さのために、FE399化合物は精製が容易ではなく、癌治療における広範なアプリケーションの計画を妨げてきた。 したがって、真菌からFE399を自然に抽出することは商業的に実現可能な方法ではないことは明らかであり、強力な抗癌剤の可能性があるにもかかわらず、この特定の化合物の研究は停滞していた。
新しい抗癌治療への期待が魅力的だったことから、東京理科大学 理学部 応用化学科の椎名勇教授、殿井貴之講師と東京理科大学のチームはこの挑戦を受け入れた。 「我々は結腸癌を治療できるリード化合物を作りたかったが、FE399の全合成を通じてこれを行うことを目指した」と椎名教授は述べた。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(616)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    コンスタントに高収量のライブラリーおよびシーケンス結果を得られます! 高精度の次世代シーケンシングデータを得るためには高品質なDNAライブラリーの調製が不可欠です。Enzymatics社では室温で安定な次世代シーケンサー向けライブラリー調製キットを開発しました。 SPARK DNA Sample Prep Kitには、凍結乾燥され各反応用に分けられたマスターミックスが含まれており、断片化した二重鎖DNAから次世代シーケンシング用にアダプターをライゲーションしたDNAライブラリーを調製します。もっと読む

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム