研究室で合成された植物化合物(Curcusone D)は、これまで「難攻不落」だった癌タンパク質(BRAT1)を標的とする可能性を秘めている

パデュー大学の化学者が、これまで「治療不可能」とされていた癌タンパク質に対抗する化合物の合成法を発見した。この化合物は、さまざまな種類の癌に有効である可能性がある。パデュー大学癌研究センターの化学教授であるMingji Dai博士は、北米原産の低木から発見された希少な化合物にヒントを得て、同僚とともにこの化合物を研究し、費用対効果に優れた効率的な合成方法を発見した。この合成法は、2021年3月11日にJournal of the American Chemical Societyのオンライン版に掲載された論文に記載されている。この論文は、「Curcusone Diterpenesの全合成とターゲットの同定(Total Synthesis and Target Identification of the Curcusone Diterpenes)」と題されている。

  ログインしてください。