創造性に関連する267個の遺伝子は、ホモ・サピエンスが生き残るための「秘密兵器」だったかもしれない

創造性に関連する267個の遺伝子は、ホモ・サピエンスが生き残るための「秘密兵器」だったかもしれない

ホモ・サピエンスの「秘密兵器」である「創造性」は、ネアンデルタール人に対する大きなアドバンテージとなり、人類の生存に重要な役割を果たした。これは、グラナダ大学(UGR)を中心とする国際科学者チームが、ホモ・サピエンスとネアンデルタール人を区別する、創造性に関連する267の遺伝子を初めて特定した結果だ。この重要な科学的発見は、2021年4月21日にMolecular Psychiatry(Nature)のオンライン版に掲載され、ホモ・サピエンスが最終的にネアンデルタール人に取って代わることを可能にしたのは、創造性に関連するこれらの遺伝子の違いであることを示唆している。

おすすめの記事

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill