COVID-19治療薬レロンリマブについてのQ&A、リファレンス

2020
5月 11
(月)
10:20
創薬研究のバイオニュース

COVID-19治療薬レロンリマブについてのQ&A、リファレンス

2020年5月1日CytoDyn社WEBINARにおけるレロンリマブに関する質問(ログインするとQ&Aを表示):
• この薬はCOVIDの単剤治療に使用できますか?それとも最終的な分析に役立つ併用薬物療法を想定していますか?
• FDAがレロンリマブを使用することで何人の命を救うことができるのかを理解するのが難しいのはなぜですか?
レロンリマブは、主に免疫系の回復または何らかの新しいメカニズムによる血漿ウイルス負荷を軽減する能力がありますか?
• 血液検査の結果は、重度から重症のCOVID患者に報告されている凝固の問題をどのように説明するのに役立ちますか?
レロンリマブを投与された患者の入院期間の改善は何でですか? 後に患者はIgMまたはIgGのレベルが上昇しますか?
レロンリマブとレムデシビルを組み合わせるように求められた場合、CytoDynの立場はどうか?
• COVID-19の結果が非常に悪いのに、なぜGilead社は注目を集めているのか?
• MOAは健康な細胞のCCR5受容体を阻害することでしょうか?
• 主な長期的な副作用は何か?
• Gilead社のレムデシビルやGenentech社のアクテムラとは、どう違うのですか?
• RANTESの過剰発現は、どのような直接的または間接的なメカニズムによって、SARS-CoV2によって引き起こされると考えているか?

講演者の経歴

NADER Z. POURHASSAN、PhD; CYTODYNのディレクター、社長、CEO

Pourhassan 博士は、1985年にユタ州立大学で理学士号を、1990年にブリガムヤング大学で理学修士号を、1998年にユタ大学で機械工学の博士号を取得している。Pourhassan 博士は3冊の本を執筆している。
彼の20年間のビジネス開発経験は、破産の危機に瀕している上場のバイオテクノロジー企業を、最初の医薬品についてFDAの承認を得る可能性のある企業に変革する準備を整えた。承認が得られれば、レロンリマブ(PRO 140)と呼ばれる薬物は、HIVと転移性癌の両方の治療パラダイムを変える可能性がある。
Pourhassan博士は、2008年に最高執行責任者としてCytoDyn(CYDY)に入社し、2012年9月までに社長兼CEOに任命された。彼はレロンリマブの重要な機会を特定する責任があり、CytoDynがProgenics Pharmaceuticalsからレロンリマブ(PRO 140)の買収を完了するのに十分な資金を独力で調達した。
Pourhassan 博士は、フェーズ2の開発からフェーズ3の試験の成功まで、HIVの治療薬としてのレロンリマブ(PRO 140)の急速な前臨床および臨床開発を監督した。これには、治験プロトコルの開発および食品医薬品局との相互作用の監視が含まれる。
Pourhassan博士は、他の適応症のためにレロンリマブ(PRO 140)を探索するための扉を開いた。特に、彼は、トリプルネガティブ乳癌、結腸癌、GvHD、NASH、およびNHLの適応症、最近ではCOVID-19におけるレロンリマブの前臨床および臨床開発に関与している。
レロンリマブの医薬品開発を進めるために、Pourhassan博士は過去5年間でCytoDynに約2億ドルの資金を調達した。

BRUCE PATTERSON、MD、CYTODYN のアドバイザー、INCELLDXのCEOおよび創設者

医学博士のBruce Petterson博士は、IncellDx のCEO兼創設者であり、CytoDynのアドバイザーだ。Patterson博士は、アナーバーにあるミシガン大学から分子生物学の学部研修を受けた。その後、ノースウェスタン大学医学部に進学し、医学の訓練を受けた。 AIDS流行の初期の段階で、Patterson博士は、彼の研究室で特許を取得している分子および現場技術を使用して、HIV-1の細胞リザーバーの調査を開始した。
Patterson博士は、ウイルスの病因に焦点を当て、病理学のレジデンシーに進んだ。Patterson博士は、在留中に、免疫系の大規模な破壊を説明するのに十分なHIVウイルスが感染した個人に存在していると判断した。このパラダイムを変更する研究は、1993年にScienceで発表された。Patterson博士は後にノースウェスタンメモリアルホスピタルで病理学の主任研究員に任命された。
Patterson博士は100を超える原稿と本の章を執筆し、スタンフォード大学医学部でHIV-1の病因とリザーバーに関する研究を続けている。Patterson博士はスタンフォード大学病院および診療所の診断ウイルス学のメディカルディレクターだった。

レロンリマブ

FDAは、致命的な疾患に対するレロンリマブの2つの潜在的適応症について、CytoDynに「Fast Track」指定を付与した。 1つ目は、HIV感染患者に対するHAARTとの併用療法であり、2つ目は、転移性トリプルネガティブ乳癌に対するものだ。レロンリマブは、HIV感染、腫瘍転移、およびNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)を含むその他の疾患で重要な細胞受容体であるCCR5を遮断する、調査中のヒト化IgG4モノクローナル抗体(mAb)だ。レロンリマブは、重要な第3相試験(レルロンリマブとHIVに感染した治療経験のある患者における標準的な抗レトロウイルス療法との併用)での主要評価項目を満たすなど、800人を超える9つの臨床試験を完了した。

HIV /エイズの状況では、レロンリマブはウイルス侵入阻害剤だ。それはCCR5をマスクし、優勢なHIV(R5)サブタイプがこれらの細胞に入ることをブロックすることにより、健康なT細胞をウイルス感染から保護する。レロンリマブは9つの臨床試験の対象になっており、それぞれがレロンリマブがヒトのHIVウイルス量を大幅に低減または制御できることを示している。レロンリマブ抗体は強力な抗ウイルス剤のようであり、現在使用されている日常の薬物療法と比較して、副作用が少なく、投薬の必要性が少なくなる可能性がある。 CytoDynは、2020年5月11日に臨床データセットが提出された後、「高度に治療された経験のあるHIV患者に対する併用療法としてのレロンリマブ」の生物製剤ライセンス申請(BLA)が完了したと見なされるという更新を提供したいと考えている。 2020年3月12日から3月20日までの模擬データセットに関するFDAのコメントに対処するため。BLAの提出が完了したと見なされた後、FDAはファイリング決定を行い、PDUFA目標日を設定する。 CytoDynには、Fast Trackの指定と、以前にFDAによって割り当てられたローリングレビューがあり、BLAの優先レビューを要求する予定だ。優先審査の指定は、FDAの目標が受領から6か月以内にマーケティングアプリケーションに対応することであることを意味する(標準的な審査では10ヶ月間)。

癌の状況では、CCR5が腫瘍の浸潤、転移、および腫瘍の微小環境の制御に役割を果たす可能性があることが研究により示されている。 CCR5発現の増加は、いくつかの癌の病状の指標だ。発表された研究では、CCR5を遮断することで、侵襲性の高い乳癌と前立腺癌の実験室モデルと動物モデルで腫瘍転移を低減できることが示されている。レロンリマブは、マウスの異種移植モデルでヒト乳癌転移を98%以上減少させた。したがって、CytoDynは転移性トリプルネガティブ乳癌を対象としたフェーズ1b / 2のヒト臨床試験を実施しており、2019年5月にFast Trackの指定を受けた。

CCR5受容体は、炎症部位への免疫細胞の輸送を調節する上で中心的な役割を果たすようだ。これは、急性移植片対宿主病(GvHD)およびその他の炎症性疾患の発症に重要な場合がある。他者による臨床研究は、化学阻害剤を使用してCCR5をブロックすると、移植された骨髄幹細胞の生着に大きな影響を与えることなく、急性GvHDの臨床的影響を減らすことができるという概念をさらに支持する。 CytoDynは現在、生着細胞上のCCR5受容体が急性GvHDの発生に重要であるという概念をさらにサポートするためにレロンリマブを使用して第2相臨床試験を実施しており、特定の免疫シグナル伝達分子の認識からCCR5受容体を遮断することは、急性GvHDを軽減するための実行可能なアプローチだ。 FDAはGvHDの予防のためにレロンリマブに「オーファンドラッグ」の指定を許可した。

CYTODYN

CytoDynは、CCR5受容体を標的とする新規のヒト化モノクローナル抗体であるレロンリマブに基づいて、複数の治療適応症のための革新的な治療法を開発している後期段階のバイオテクノロジー企業だ。 CCR5は、HIVが健康なT細胞に入り、感染する能力に重要な役割を果たすようだ。 CCR5受容体は、腫瘍の転移やGvHDやNASHなどの免疫介在性疾患にも関与しているようだ。 CytoDynは、HIR感染した治療経験のある患者を対象に、レロンリマブと標準的な抗レトロウイルス療法を組み合わせた第3相試験を成功裏に完了した。 CytoDynは2020年4月にBLAの申請を完了し、治療歴の高いHIV患者に対する併用療法としてのレロンリマブのFDA承認を求めた。 CytoDynはまた、HIV感染患者の週1回の単剤療法としてレロンリマブを用いた第3相調査試験を実施している。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(1860)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    化学的に多様な骨格のヒト内在性リガンドが400化合物含まれたライブラリ  Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリは、オーファン受容体の研究におけるリガンド探索や、新しい疾患代謝経路の解明に有用です。 ドラッグディスカバリーでは強いアフィニティー分子の中からヒットを選ぶので後のオプティマイズや工夫が困難であったり、他社と似通った化合物やターゲットでHTS(High Throughput Screening)を行うのでヒット率の低さが課題となっています。 Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリを用いれば、程良いアフィニティー(10nM - 1μM)で且つ化学的に多様な骨格の、毒性の無いオプティマイズ可能な新規リード分子の探索が可能です。 弊社専門家集団(生物学者、薬理学者、メディシナルケミストら)がバリデートした、無毒性でオプ ...もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム