蜂毒から作る血液脳関門通過薬

2017
6月 6
(火)
10:00
創薬研究のライフサイエンスニュース

蜂毒から作る血液脳関門通過薬

血液脳関門(BBB : blood-brain barrier)は循環系と脳脊髄液を隔てる選択的を有する膜で、医薬品のほとんどはこのBBBを通過することが出来ない。しかし、動物の毒液中にある特定のペプチドはBBBを通過して損傷を与えることがある。そこで現在、蜂毒ペプチドであるアパミン(apamin)に基づいた薬剤BBB通過戦略に注目する研究グループがある。
この研究は4月2日に開催された第253回全米科学会(ACS : the American Chemical Society)の全国総会(2017年)で発表された。世界最大の科学会であるACSは、サンフランシスコで4月2日から4月6日まで開催され、14,000件以上の多種多様な科学分野におけるプレゼンテーションが行われた。
スペイン・バルセロナのInstitute for Research in Biomedicine のErnest Giralt博士はこう語る。

「一部の動物の毒は中枢神経系にダメージを与えるため、これらはBBBを通過する能力をもち、薬を運ぶ役割も担えるのではないかと考えたのです。」
アパミンはミツバチに刺されたヒトの中枢神経系に蓄積することが知られているが、アパミンペプチド自体を使用する事に関してはいくつかの欠点が存在した。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(2241)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



デッドボリュームわずか 6uL の次世代ディスペンサー MANTIS はマイクロダイアフラムポンプ搭載の分注ヘッドが6種類の異なるサンプル試薬を高精度自動分注します。弊社独自のマイクロダイアフラムはポンプ内の液量を固定化することで精密な分注を実現します。エアフローによりダイアフラムポンプを開閉するのでサンプル試薬の非接触超精密分注を可能にし、クロスコンタミを回避します。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3246人
2019年06月19日 現在
新メンバー
とわ 2019/6/18
riversid 2019/6/18
あゆ 2019/6/16
KenTa 2019/6/15
mkimura 2019/6/13
hoshihos 2019/6/12
マサヤ 2019/6/12
takuya 2019/6/12
cyaitou 2019/6/11
patton 2019/6/9
giants 2019/6/7
Shiory 2019/6/5
minami 2019/6/5
imiya 2019/6/4
Kento-H 2019/6/3
29 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。