MITの科学者がCOVID-19等におけるサイトカインストームの治療に有用な水溶性改変サイトカイン受容体を設計

2020
4月 30
(木)
14:40
タンパク質/糖鎖研究のライフサイエンスニュース

MITの科学者がCOVID-19等におけるサイトカインストームの治療に有用な水溶性改変サイトカイン受容体を設計

Covid-19の決定的な特徴の1つは、重症例で発生する可能性のある過剰な免疫応答だ。 この免疫過剰反応のバーストは、サイトカインストームとも呼ばれ、肺に損傷を与え、致命的となる可能性がある。MITの研究チームは、これらの過剰なサイトカインを吸収するために、抗体と構造が類似した特殊なタンパク質を開発した。 「アイデアは、体内に注入され、サイトカインストームによって生成された過剰なサイトカインに結合し、過剰なサイトカインを取り除き、感染症から症状を緩和できるということだ」と、研究論文の著者の一人でMITの研究者であるRui Qing博士は述べた。
研究者らは、最初の発見を Quarterly Review of Biophysics (QRB) Discovery で報告しており、現在、ヒト細胞およびサイトカイン放出とコロナウイルス感染の動物モデルでタンパク質のテストを開始したいと考えている。 この論文は「QTYコードで設計された水溶性Fc-Fusionサイトカイン受容体がそれぞれのリガンドに結合する(QTY Code-Designed Water-Soluble Fc-Fusion Cytokine Receptors Bind to Their Respective Ligands.)」と題されている。

MITメディアラボの分子アーキテクチャ研究所の主任研究科学者であるShuguang Zhang博士も、この論文の上級著者だ。 MITの客員科学者であるShilei Hao博士は、この研究の筆頭著者であり、Avalon GloboCareのCEO兼社長であるDavid Jin医学博士も著者である。
サイトカインストームの遮断に関する研究者の研究は、Zhang 博士が10年前に膜に埋め込まれたタンパク質の修飾版を開発するために始めたプロジェクトから生まれた。 これらのタンパク質は、細胞膜からいったん抽出されると、特殊なタイプの界面活性剤に懸濁された場合にのみ構造を維持するため、通常は研究が困難だ。 数年間この問題に取り組んだ後、Zhang博士とQing博士は、これらのタンパク質の疎水性領域を修飾して、水に溶けやすくし、研究を容易にする方法を開発した。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(427)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    内箱・棚受け一体構造で器内スッキリ簡単清掃 & 2時間半で完了、H2O2高速ECO除染 棚受けをなくし、内箱一体式にすることで、器内の部品点数を約80%削減。器内清掃時間を大幅削減、作業性が向上しました。また、トレイ面積が大きくなりより多くの培養容器が設置可能になりました。 H2O2(過酸化水素)で器内を除染します。全除染工程約135分、準備時間を入れても約2時間半の高速除染が可能です。 WVGAフルカラー液晶タッチパネルを採用。様々なプロトコルを集中管理できます。抵抗膜式タッチパネル採用により、手袋をした状態で操作可能です。 MCO-170AICUVH標準装備、MCO-170AICUV/170AICはオプションの電気錠(MCO-170EL)搭載時、扉のオートロック機能が設定可能です。ロックの解錠に、1~6桁のパスワードを設定することもできます。 USBポー ...もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム