サソリ毒素には抗菌活性成分が含まれていることが判明。薬剤耐性菌に対する新しい武器となるかもしれない。

2019
6月 25
(火)
11:30
創薬研究のカテゴリー

サソリ毒素には抗菌活性成分が含まれていることが判明。薬剤耐性菌に対する新しい武器となるかもしれない。

メキシコ東部原産のサソリの毒液は、単なる毒素以上のものかもしれない。 スタンフォード大学とメキシコ国立大学の研究者らは、この毒には細菌感染と戦うのを助ける2色に変わる化合物も含まれていることを発見した。 チームはサソリの毒から化合物を分離するだけでなく、それらを実験室で合成し、実験室で作られた毒が組織サンプルとマウスでブドウ球菌と薬剤耐性結核菌を殺すことを確認した。 PNASで2019年6月10日にオンラインで発表された調査結果は、サソリ、ヘビ、カタツムリ、および他の有毒な生き物の毒素における潜在的な薬理学的価値を強調している。 このPNASの論文は「サソリ毒由来の黄色ブドウ球菌および結核菌に対する1,4-ベンゾキノン系抗菌剤(1,4-Benzoquinone Antimicrobial Agents Against Staphylococcus Aureus and Mycobacterium tuberculosis Derived from Scorpion Venom.)」と題されている。

「ボリューム当たりで言えば、サソリの毒は世界で最も貴重な物質の1つだ。それを1ガロン生産するのに3900万ドルもかかる。」とスタンフォード大学のグループを率いた主任研究者のRichard Zare博士は述べた。「それを生産するためにサソリからだけに頼っていたら、誰もそれを扱おうとしなかっただろう。重要な成分が何であるかを識別し、それらを合成できることが重要だ。」

Zare博士は、メキシコ国立大学の分子医学の教授であるLourival Possani博士を含むメキシコの彼の同僚と協力し、サソリDiplocentrus meliciの標本を研究のために捕獲した。「この種のサソリの捕獲は困難だ。冬と乾季にはサソリが埋まっているので、雨季にしか見つけられない。」とPossani博士は述べた。

過去45年間、Possani博士はサソリ毒の薬理学的可能性を持つ化合物の同定に焦点を当ててきた。 彼のグループは以前、クモの毒に隠れている強力な抗生物質、殺虫剤、および抗マラリア剤を発見した。

メキシコの研究者たちが、サソリの毒液を弱い電気刺激で採取したとき、毒液が空気にさらされると色が透明から褐色に変化することに気付いた。
Possani博士と彼の研究室がこの色の変化を調査したとき、彼らは関連性がある2つの化合物を見つけた。 一方の化合物は空気に触れると赤くなり、もう一方の化合物は青に変わった。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(849)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    数万のシングルセルに対し数百の遺伝子を同時解析BD社のBD Genomicsグループは、独自のMolecular Indexingテクノロジーを基本に、シングルセル解析システム " Rhapsody "を開発しました。このシングルセル解析システムは、数万のシングルセルをキャプチャーし、数百に上る標的遺伝子に対して個々の発現をデジタル定量化することが可能です。分離されたシングルセルのQC ( シングルセルである事の確認や、生細胞と死細胞の区別 )を行い、Molecular Indexing技術により、低コスト・高効率・高精度・高スループットでNGS解析用ライブラリーを作成します。しかも、ライブラリーは数百もの標的遺伝子に絞っているため、シーケンスコストも大幅に削減できます。 もっと読む

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム