何百万人もの心血管死は十分な果物や野菜を食べていないことに起因すると新研究で判明。果物や野菜の摂取量を地域・年齢・性別で追跡。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団が資金提供しているGlobal Dietary Databaseプロジェクトの一環として行われた新研究による予備的な発見は、不十分な果物と野菜の消費量が、毎年何百万もの心臓病と脳卒中による死因となっていることを明らかにした。 この研究では、7人に1人の心血管死が十分な果物を食べていないことに起因し、12人に1人の心血管死が十分な野菜を食べていないことに起因すると推定された。

  ログインしてください。