ハダカデバネズミはワサビ香辛料の曝露で疼痛に免疫を示した。この発見はヒトの痛みを解決するための洞察を提供する。

2019
6月 10
(月)
22:50
動物/家畜研究のライフサイエンスニュース

ハダカデバネズミはワサビ香辛料の曝露で疼痛に免疫を示した。この発見はヒトの痛みを解決するための洞察を提供する。

2019年5月31日号のScience誌における新しい報告によると、非常に長命としてよく知られている哺乳類である南アフリカに生息するほくろラット種の類縁が、わさびの有効成分であるイソチオシアン酸アリル(AITC)への暴露により疼痛への免疫が起こる初めてのエビデンスが発見された。

これらのげっ歯類がどのようにしてこの特定の種類の疼痛に鈍感になるように進化したのかを理解することは、ヒトの疼痛を解決するための新たな方向を指し示す可能性があるとこの研究者は言う。

イリノイ大学シカゴ校(UIC)リベラルアーツ&サイエンスの生物科学教授であり共著者でもあるThomas Park博士は、次のように述べている。 「げっ歯類が、彼らの環境で一般的なある種の疼痛刺激に対して鈍感になるように進化してきたことをを発見したことは、研究で見付けた生物学的なもう一つの教訓だ。」

Park博士は、ベルリンのMax Delbruck分子医学センターおよび南アフリカのプレトリアにあるプレトリア大学の科学者と共同でこの研究を進めた。 この研究はUICと南アフリカで行われた。新しいScience誌の論文は、「複数のアフリカのげっ歯類における痛みを感じない分子の急速な分子進化(Rapid Molecular Evolution of Pain Insensitivity in Multiple African Rodents.)」と題されている。

研究者らは、8種類のハダカデバネズミの足を、痛みのような反応を引き起こす3つの化合物にさらした。3つの化合物は、AITC、レモン汁と同じpHの酸性溶液、およびカプサイシン、唐辛子の辛味成分であった。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(672)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



高精度なマルチプレックスを可能にしたワンステップRT-qPCRアッセイ ZipScript One-Step RT-qPCR Mixは、RNAに特化した高効率のマルチプレックスqPCRアッセイで、広いダイナミックレンジでのターゲット検出を可能にします。 ZipScriptは、RNase H活性の無い逆転写酵素と素早く活性化するホットスタートタイプのDNAポリメラーゼとを混合した溶液で、dNTPを含むバッファーが付属しています。 わずか0.5 pgのRNAから、5種類までのターゲットをワンステップの反応で簡単に検出できます。 卓越したRT-qPCRの性能に加えて、Enzymaticsの世界水準の製造プロセスにより、常に一定で再現性の高い結果を保証します。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3281人
2019年08月20日 現在
新メンバー
52-24 2019/8/20
みわんこそば 2019/8/20
ttsuji 2019/8/19
mater 2019/8/14
HKSRDC 2019/8/13
kyo03 2019/8/13
Messi 2019/8/9
のん 2019/8/9
メッシ 2019/8/9
Anton Pa 2019/8/8
aiueo 2019/8/6
タムタム 2019/8/5
栄ちゃん 2019/8/3
しの 2019/7/31
よしおか 2019/7/30
29 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。