ハダカデバネズミはワサビ香辛料の曝露で疼痛に免疫を示した。この発見はヒトの痛みを解決するための洞察を提供する。

2019
6月 10
(月)
22:50
動物/家畜研究のライフサイエンスニュース

ハダカデバネズミはワサビ香辛料の曝露で疼痛に免疫を示した。この発見はヒトの痛みを解決するための洞察を提供する。

2019年5月31日号のScience誌における新しい報告によると、非常に長命としてよく知られている哺乳類である南アフリカに生息するほくろラット種の類縁が、わさびの有効成分であるイソチオシアン酸アリル(AITC)への暴露により疼痛への免疫が起こる初めてのエビデンスが発見された。

これらのげっ歯類がどのようにしてこの特定の種類の疼痛に鈍感になるように進化したのかを理解することは、ヒトの疼痛を解決するための新たな方向を指し示す可能性があるとこの研究者は言う。

イリノイ大学シカゴ校(UIC)リベラルアーツ&サイエンスの生物科学教授であり共著者でもあるThomas Park博士は、次のように述べている。 「げっ歯類が、彼らの環境で一般的なある種の疼痛刺激に対して鈍感になるように進化してきたことをを発見したことは、研究で見付けた生物学的なもう一つの教訓だ。」

Park博士は、ベルリンのMax Delbruck分子医学センターおよび南アフリカのプレトリアにあるプレトリア大学の科学者と共同でこの研究を進めた。 この研究はUICと南アフリカで行われた。新しいScience誌の論文は、「複数のアフリカのげっ歯類における痛みを感じない分子の急速な分子進化(Rapid Molecular Evolution of Pain Insensitivity in Multiple African Rodents.)」と題されている。

研究者らは、8種類のハダカデバネズミの足を、痛みのような反応を引き起こす3つの化合物にさらした。3つの化合物は、AITC、レモン汁と同じpHの酸性溶液、およびカプサイシン、唐辛子の辛味成分であった。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(1846)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム