CytoDyn社、COVID-19薬のレロンリマブについて更新。 初期の結果は、Gilead社のレムデシビルに対する明確な優位性を示唆。(プレゼン全容)

2020
5月 7
(木)
17:40
創薬研究のライフサイエンスニュース

CytoDyn社、COVID-19薬のレロンリマブについて更新。 初期の結果は、Gilead社のレムデシビルに対する明確な優位性を示唆。(プレゼン全容)

レロンリマブ要約:
-COVID-19の三拍子揃った薬
-レロンリマブはサイトカインストームを静め、免疫学的ホメオスタシスを回復し、ウイルス量を減らす
-Gileadの抗ウイルス薬レムデシビルとGenetechの抗IL-6 アクテムラは、「非常に複雑な発病への断片的アプローチ」と呼ばれている
-腎不全、肝不全、および凝固の問題を含む、関連するすべての併存疾患を含む、COVID-19感染のすべての側面に広く一般的に適用できる
-レロンリマブの幅広いアプローチは、PDL-1および癌におけるチェックポイント阻害剤封鎖の幅広い非特異的アプローチと類似している
-レロンリマブは、他のウイルスに対しても有効であり、また将来の新たな脅威となる可能性がある現在知られていないウイルスに対しても有効であると予測されている
--RANTES(マスター免疫調節分子)がCOVID-19の病因を促進
--RANTESレベルは、重症のCOVID-19患者で100倍正常
--RANTESは、免疫細胞上のCCR5受容体に結合し、免疫細胞の動員(T細胞およびマクロファージ)の悪循環を開始し、サイトカインおよびより多くのRANTESの局所放出、より多くの免疫細胞の流入、より多くのサイトカインおよびより多くのRAANTESの放出などを行う
-身体が炎症により大量の複数臓器システムの問題を引き起こす文字通り「炎上」は、レロンリマブによってブロックできる可能性がある
-レロンリマブはケモカインのCCR5細胞表面受容体をブロックし、RANTES結合を防止する
-レロンリマブは皮下注射により週2回投与される
-ギリアドのレムデシビルは、1時間に4回のIV注射で毎日投与される
--CytoDynの科学者は、レロンリマブは単独で非常に効果的であり、レムデシビルとの併用は不要であると主張している
--CytoDynの科学者は、COVID-19ウイルスが患者の血漿中に存在することを初めて発見したときに、血液供給について警告を発する
-最近、1人の致命的な病気の患者がレロンリマブによる治療後にECMO心肺バイパス生命維持装置から外され、その後まもなくリハビリセンターに解放された
-レロンリマブによる治療の5日後に、重症の11人のCOVID-19患者のうち4人が人工呼吸器から取り出されて病院から退院した。ギリアドのレムデシビルは入院期間を15日から11日に短縮しただけ
-6年間にわたるさまざまなレロンリマブ試験で800人以上の患者に深刻な有害事象は観察されなかった
-レロンリマブは、HIV、癌、NASH、Gvh病、および多発性硬化症におけるその有効性についてCytoDynによってすでに研究されている

2020年5月1日金曜日、CytoDyn,Inc.(OTC.QB:CYDY)は、適応症– HIV / AIDS、癌、COVID-19、GvHD(移植片対宿主病)、およびNASH(非アルコール性脂肪性肝炎(NASH))を含む複数の治療法の可能性を秘めたCCR5拮抗薬であるレロンリマブ(PRO 140)を開発しているワシントン州バンクーバー市を拠点としたバイオテクノロジー企業だ。ウォールストリートレポーターの「次のスーパーストック」と呼ばれている。

CytoDynの取締役、社長、最高経営責任者であるNader Pourhassan博士、およびCytoDynの病理学者であり顧問であり、診断サービスプロバイダーであるIncellDxの最高経営責任者兼創設者であるBruce Patterson博士は、 COVID-19の治療薬としてのレロンリマブ(Vyrologix)について緊急IND下、および第2相および第2b / 3相のCOVID-19試験における最新情報を提供した。

Patterson博士は、COVID-19の作用機序とレロンリマブの効果に関する彼の最新の発見について話した。 Patterson博士は、COVID-19患者ではマスター免疫調節剤RANTESのレベルが通常の100倍であることを示しており、COVID-19は完全にRANTESに起因する疾患であると考えている。 レロンリマブはRANTESの正常な受容体(CCR5)を遮断し、RANTESの影響を効果的に低減し、「サイトカインストーム」の鎮静、免疫恒常性の回復、および血漿ウイルス量の減少を可能にする。 この三拍子揃った改善により、肺機能が回復し、多くの場合、重症で換気の良い患者を抜管し、わずか5日で病院から退院させることができるという。
Patterson博士が説明した結果は、COVID-19の治療において、レロンリマブがギリアドのレムデシビルよりもはるかに優れていることを示唆している。
CytoDynは現在、COVID-19の2つの臨床試験、米国の軽度から中等度のCOVID-19集団を対象とした第2相ランダム化臨床試験、重症および重症COVID-19を対象とした第2b / 3相ランダム化臨床試験に患者を登録している。
この紹介の下には、Pourhassan博士とPatterson博士によって提供された金曜日(5月1日)のプレゼンテーションと、それに続くQ&Aセッションでの29の質疑応答の筆記録である。これらの質問は、ウェビナーで出た200を超える質問から選択された。

この文字起こしは、CytoDynのプレゼンテーションとその後の35分間のQ&AセッションをモニタリングしたBioQuickニュースのMike O’Neill編集長が作成した。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(692)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム