天然物フィセチンが健康寿命を伸ばすことをマスサイトメトリー(CyTOF)を用い解明。

2018
10月 30
(火)
13:00
創薬研究のライフサイエンスニュース

天然物フィセチンが健康寿命を伸ばすことをマスサイトメトリー(CyTOF)を用い解明。

今年初めNature Medicineに発表されたミネソタ大学医学部教授のPaul D. Robbins博士とLaura J. Niedernhofer博士、メイヨー・クリニックの研究者James L. Kirkland博士とTamara Tchkonia博士の研究成果は、老化細胞と呼ばれる損傷細胞の負担を軽減し、生涯末期に治療が開始されても寿命を延ばし、健康を改善することが可能であることを示した。
彼らは現在、多くの果物や野菜に見られる天然産物のフィセチン(fisetin)による高齢マウスの治療も、健康と寿命に有意な正の効果を有することを示している。
人々は年をとるにつれて、損傷した細胞を蓄積する。 細胞が一定レベルの損傷を受けると、細胞老化と呼ばれる老化過程を経る。細胞はまた、免疫系にそれらの損傷した細胞を除去するように指示する炎症因子を放出する。若い人の免疫系は健康で、損傷した細胞を除去することができる。しかし、人が老化するにつれて、これらの損傷した細胞は効果的に消失しない。 したがって、それらは蓄積し始め、低レベルの炎症を引き起こし、組織を分解する酵素を放出する。
Robbins博士らと仲間の研究者らは、フィセチンと呼ばれる天然産物が体内のこれらの損傷細胞のレベルを低下させることを発見した。 彼らは、この化合物でマウスを終末に向けて治療し、健康と寿命の改善を見出した。このオープンアクセスの論文「フィセチンは健康と寿命を延ばす細胞老化療法である(Fisetin Is a Senotherapeutic That Extends Health and Lifespan)」は、2018年9月29日にEBioMedicineに掲載された。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(1146)
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3321人
2019年10月19日 現在
新メンバー
PHC 2019/10/18
Katty 2019/10/16
のりたけ 2019/10/16
samurai 2019/10/14
わたなべ 2019/10/11
bioacety 2019/10/11
おかき 2019/10/7
Tyoshi 2019/10/4
ハッシー 2019/10/4
188026 2019/10/3
しんたろうお 2019/10/3
0017os1 2019/10/1
JJJJJ 2019/9/30
seele04 2019/9/29
shokupan 2019/9/28
17 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 17
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会