湿疹や乾癬の皮膚は、発達中の皮膚細胞と同じ分子経路を共有していることが発見された

2021
2月 12
(金)
09:10
皮膚科学のバイオニュース

湿疹や乾癬の皮膚は、発達中の皮膚細胞と同じ分子経路を共有していることが発見された

英国のウェルカムサンガーインスティテュート、ニューカッスル大学そしてキングスカレッジの研究者らは、皮膚の非常に詳細なマップを作成した。これは、炎症性皮膚疾患の患者の細胞で、発生からの細胞プロセスが再活性化されることを明らかにしている。 湿疹や乾癬の患者の皮膚が、発達中の皮膚細胞と多くの同じ分子経路を共有していることを発見した。これは、これらの痛みを伴う皮膚病を治療するための潜在的な新薬の標的を提供する。
Science の2021年1月22日号に掲載されたこの研究は、炎症性疾患のまったく新しい理解も提供し、関節リウマチや炎症性腸疾患などの他の炎症性疾患の研究に新しい道を開くものだ。 このScience の論文は「発生細胞プログラムは炎症性皮膚疾患に採用されている(Developmental Cell Programs Are Co-Opted In Inflammatory Skin Disease.)」と題されている。

人体のすべての細胞タイプをマッピングするためのグローバルなHuman Cell Atlasの取り組みの一部である、発達中の成人の皮膚の新しい包括的なアトラスは、世界中の科学者にとって貴重なリソースだ。 また、再生医療のテンプレートを提供し、研究者が実験室でより効果的に皮膚を成長させるのに役立つ。
我々の皮膚はバリアとして機能し、侵入するバクテリアやウイルスから体を守り、健康には不可欠だ。 アトピー性湿疹や乾癬などの炎症性皮膚疾患は慢性疾患であり、免疫系が過剰に活動し、皮膚のかゆみや薄片状の皮膚を引き起こし、非常に痛みを伴い、感染しやすくなる。 これらの状態は人々の生活に重大な影響を与える可能性があるが、原因は不明であり、治療法はなく、症状を和らげるのに役立つだけだ。
皮膚は、さまざまな種類の細胞で構成される複雑な組織だ。 皮膚がどのように形成され、これが成人の健康と病気にどのように関連するかを学ぶために、研究者らは皮膚の発達からの細胞を研究し*、これらを健康な成人、湿疹および乾癬患者からの生検と比較した。チームは、最先端の単一細胞技術と機械学習を使用して、50万を超える個々の皮膚細胞を分析し、各細胞でどの遺伝子がオンになっているのかを正確に確認した。 これにより、研究者は個々の細胞が何をするのか、そして細胞が互いにどのように話し合うのかを知ることができた。 驚くことに、研究者らは、病気の皮膚細胞が発達中の細胞と同じ細胞メカニズムの多くを共有していることを発見した。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(328)

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム