湿疹や乾癬の皮膚は、発達中の皮膚細胞と同じ分子経路を共有していることが発見された

英国のウェルカムサンガーインスティテュート、ニューカッスル大学そしてキングスカレッジの研究者らは、皮膚の非常に詳細なマップを作成した。これは、炎症性皮膚疾患の患者の細胞で、発生からの細胞プロセスが再活性化されることを明らかにしている。 湿疹や乾癬の患者の皮膚が、発達中の皮膚細胞と多くの同じ分子経路を共有していることを発見した。これは、これらの痛みを伴う皮膚病を治療するための潜在的な新薬の標的を提供する。Science の2021年1月22日号に掲載されたこの研究は、炎症性疾患のまったく新しい理解も提供し、関節リウマチや炎症性腸疾患などの他の炎症性疾患の研究に新しい道を開くものだ。 このScience の論文は「発生細胞プログラムは炎症性皮膚疾患に採用されている(Developmental Cell Programs Are Co-Opted In Inflammatory Skin Disease.)」と題されている。

  ログインしてください。