植物はどうやって光の方向を決めるのか?

植物はどうやって光の方向を決めるのか?

植物には視覚器官がないのに、どうやって光の来る方向を知るのでしょうか?生物学と工学の専門知識を組み合わせた画期的な研究で、ローザンヌ大学(UNIL)のクリスチャン・ファンクハウザー教授(Christian Fankhauser)が率いるチームは、ローザンヌ連邦工科大学(EPFL)の同僚と共に、光感受性植物組織が空気と水の境界の光学的特性を利用して、植物に「見える」光の勾配を生成することを明らかにしました。

この結果は、2023年11月23日にScience誌に掲載されました。論文のタイトルは「空気チャンネルが定向性光信号を生成して子葉下部の向光性を調節する」(Air Channels Create a Directional Light Signal to Regulate Hypocotyl Phototropism)です。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)