ケシゲノムの解読に成功:高品質のゲノムアセンブリを使用してゲノムの70.9%を構成する反復要素を克服

2018
10月 4
(木)
15:40
植物研究のライフサイエンスニュース

ケシゲノムの解読に成功:高品質のゲノムアセンブリを使用してゲノムの70.9%を構成する反復要素を克服

科学者は、ケシゲノムのDNA配列を決定し、生薬の製造に使用される薬学的化合物を生産するために植物がどのように進化したかを明らかにした。この発見は、科学者が薬草植物の収量および耐病性を向上させ、鎮痛および緩和ケアのための最も効果的な薬剤の信頼できる安価な供給を確保する道を開くかもしれない。

ヨーク大学の研究者たちは、英国のウェルカム・サンガー・インスティテュート、および国際的な協力により、咳抑制薬ノスカピンおよび鎮痛薬モルヒネおよびコデインの生産につながる遺伝的経路の起源を明らかにした。
この研究は2018年8月30日にScienceでオンラインで報告された。 この論文は、「ケシのゲノムとモルフィナン生産(The Opium Poppy Genome and Morphinan Production.)」と題されている。

共同執筆者であるヨーク大学の生物学科の新農産物センターのIan Graham教授は「生化学者は植物がどのように進化して地球上で最も豊富な化学物質リソースになったか長年関心があった。高品質のゲノムアセンブリを使用して、我々は、これがケシにおいてどのように起こったかを解明した。同時に、この研究は、途上国において痛みの緩和と緩和ケアのために利用可能な最も有効な鎮痛剤の信頼できる安価な供給が確保されるために分子植物育種ツールの開発の基盤を提供するだろう。」と語った。

ノスカピン、コデイン、およびモルヒネなどの合成化合物を製造するための合成生物学ベースのアプローチが開発されており、植物由来の遺伝子を工業用発酵槽で生産可能にするために酵母などの微生物系に改変されている。しかし、ケシは、これらの製薬化合物の最も安価で唯一の商業的供給源であり続けている。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(748)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3205人
2019年04月26日 現在
新メンバー
tymhi 2019/4/25
aitos 2019/4/25
shinco 2019/4/24
SimoQ 2019/4/23
acoco 2019/4/23
Ryuji120 2019/4/22
賀来さん 2019/4/22
nakayan 2019/4/22
ken001 2019/4/21
nkknkk 2019/4/21
Araiguma 2019/4/19
フジ 2019/4/19
kimura 2019/4/19
sakurai 2019/4/19
fujioka. 2019/4/18
20 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 20
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。