癌細胞におけるワールブルク効果について100年前からの謎が解明

2021年は、すべての生化学の教科書に載っている基本的な発見の100周年だ。 1921年、ドイツの医師Otto Warburgは、癌細胞がブドウ糖からエネルギーを奇妙で非効率的な方法で収穫することを観察した。癌細胞は酸素を使用してブドウ糖を「燃焼」させる(好気性解糖)のではなく、酵母が発酵で行うような急速に起こる酸素非依存性プロセス(嫌気性解糖)でそれを行うが、グルコースエネルギーの多くは未利用のままだ。「ワールブルク効果」を説明するさまざまな仮説が長年にわたって提案されてきた。これには、癌細胞には欠陥のあるミトコンドリア(「エネルギー工場」)があり、したがってブドウ糖の野焼きを実行できないという考えが含まれる。 しかし、これらの説明はどれも時の試練に耐えることができなかった。 (たとえば、癌細胞のミトコンドリアは問題なく機能する。)

  ログインしてください。