ペンシルバニア大学が新視点で進める癌免疫療法

2018
5月 22
(火)
12:00
免疫学のライフサイエンスニュース

ペンシルバニア大学が新視点で進める癌免疫療法

免疫革命と呼ばれる中、ペンシルベニア大学のアブラムソンがんセンター(UPenn)のディレクターであるRobert H. Vonderheide MD,PhD(写真)が、癌免疫療法の分野で革新的な進歩を続けている。
Vonderheide博士は画期的な免疫療法の成功について、多くの患者が初期の成功の後に反応しなくなるか、または再発するかのいずれかであるため、甘くないと説明している。 現在の癌免疫療法の主な戦略は、免疫系のオフスイッチを阻止することである。例えば、免疫細胞上のPD-1分子が腫瘍細胞上のPD-L1に結合すると、免疫系は不活性化し、 免疫系から隠れる。 PD-1(pembrolizumab、商品名Keytruda)に対する抗体は、PD-1 / PD-L1結合によって引き起こされる失活をブロックすることができ、PD-L1の過剰発現を伴う転移性非小細胞肺癌の第一選択治療薬として承認されている 。
約30%の患者はこの治療に反応せず、他の25%は1年後にさらなる腫瘍の進行を示す。 現在の免疫療法を改善するためCD40に対するモノクローナル抗体による新しい種類の免疫療法薬が開発された。 CD40は、免疫系の抗原提示細胞によって発現され、抗腫瘍応答を誘発する役割を果たす。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(2146)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



チャージバリアント分析を大きく改善する新カラム チャージバリアント分析には、分離の難しさ、長時間の分析、短いカラム寿命など多くの問題が存在します。ウォーターズは、昨年発表したタンパク質向け逆相カラムBioResolve RP mAb Polyphenylに引き続き、イオン交換においても現状の分析を大きく改善する新カラムを開発しました。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3321人
2019年10月19日 現在
新メンバー
PHC 2019/10/18
Katty 2019/10/16
のりたけ 2019/10/16
samurai 2019/10/14
わたなべ 2019/10/11
bioacety 2019/10/11
おかき 2019/10/7
Tyoshi 2019/10/4
ハッシー 2019/10/4
188026 2019/10/3
しんたろうお 2019/10/3
0017os1 2019/10/1
JJJJJ 2019/9/30
seele04 2019/9/29
shokupan 2019/9/28
29 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会