骨粗鬆症における骨破壊を排除するための潜在的な細胞ターゲットが特定された

骨粗鬆症における骨破壊を排除するための潜在的な細胞ターゲットが特定された

新研究で骨が形成され維持される方法を支配する細胞種が発見され、骨粗鬆症などの骨障害の治療法の潜在的なターゲットが切り開かれた。 ペンシルベニア大学のペレルマン医学部の教員が率いるげっ歯類による研究では、骨髄脂肪生成系統前駆体(marrow adipogenic lineage precursors : MALP)が骨の再構築に明確な役割を果たしていることが示された。 このプロセスの欠陥は骨粗鬆症の重要な問題であるため、これらのMALP細胞を使用して骨のリモデリングをより適切に調節する治療は、より適切な治療につながる可能性がある。

おすすめの記事

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill