妊娠中の女性は深刻なCOVID-19のリスクが高くないとオックスフォード大学等の研究成果が示唆

オックスフォード大学、英国王立産婦人科医協会、リーズ大学、バーミンガム大学、キングス・カレッジ・ロンドンの共同研究で、非妊婦より妊婦が COVID-19 重症になる可能性が低いことを示唆する新しい研究成果を発表した。 しかし、重症になった女性の大多数は妊娠後期であり、このグループにとってのソーシャルディスタンスの重要性を強調している。プレプリントとして2020年5月12日に発行されたこの調査では、2020年3月1日から2020年4月14日までに英国の病院に入院した427人の妊婦にCOVID-19が確認され(妊婦1,000人中4.9人) 、妊娠中の女性は深刻な病気を経験するリスクが高くないことを示唆している。

  ログインしてください。