血小板は血管壁を選択的に不透過性にし、腫瘍細胞の転移を減らすことが発見された

スウェーデンのウプサラ大学の研究者は、癌における血小板のこれまで知られていない機能を発見した。 マウスモデルでは、これらの血小板が血管壁の保護に役立ち、血管壁を選択的に不透過性にすることで、腫瘍細胞の体の他の部分への広がりを抑えていることが発見された。この研究成果は、2020年6月25日にCancer Researchのオンラインで発表された。 この論文は「血小板特異的PDGFBアブレーションは腫瘍血管の完全性を損ない、転移を促進する(Platelet-Specific PDGFB Ablation Impairs Tumor Vessel Integrity and Promotes Metastasis.)」と題されている。

  ログインしてください。