膠芽腫は脳損傷後の治癒過程が関与している可能性があるとシングルセル技術を用いた新研究が示唆

外傷からの感染や、脳卒中など脳損傷の治癒過程は、膠芽腫の成長を促進する可能性がある。 2021年1月4日にNature Cancerのオンラインで公開されたこの調査結果は、トロント大学病院、ザ・ホスピタル・フォー・シック・チルドレン(SickKids)およびプリンセスマーガレット癌センターの学際的な研究者チームによって報告された。 この研究者らは、膠芽腫として知られる一般的な脳腫瘍に焦点を当てた、カナダ全土の癌に立ち向かうカナダドリームチームの一員だ。「我々のデータは、脳内の特定の細胞の突然変異が損傷によって変化して腫瘍を引き起こす可能性があることを示唆している」とトロント大学テマーティ医学部の脳神経外科部門の責任者であり、SickKids の発達および幹細胞生物学プログラムの上級科学者でもあるドリームチームリーダーのPeter Dirks 医学博士は述べている。

  ログインしてください。