ALSの進行を遅らせるシナプス内の強力な自己修正メカニズムを特定

ALSの進行を遅らせるシナプス内の強力な自己修正メカニズムを特定

アルツハイマー病や筋萎縮性側索硬化症(ALS)(ルーゲーリック病とも呼ばれる)などの神経変性疾患の一般的な特徴は、脳と脊髄全体にわたるシナプス(脳細胞間のコミュニケーションの解剖学的部位)の進行性の損失だ。通常、シナプス損失は、記憶喪失や麻痺などの疾患の症状が出現する前に蔓延する。 脳機能が深刻に低下し始める前に広範なシナプス損失が存在する必要があるという事実は、神経系が深い機能的予備力を維持し、損傷が転換点を通過して脳の回復力が低下し始めるまで、すべてが正常に機能し続けることを示唆している。

おすすめの記事

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill