ALS(ルーゲーリック病)の治療法として、実験的な2剤併用療法の成果がNEJMで発表された

最近発表された結果によると、Sean M. Healey&AMG Center for ALS for Massachusetts General Hospital(MGH)およびAmylyx Pharmaceuticals Inc.(薬剤を製造した会社)による臨床試験の結果、実験的に組み合わせた薬で筋萎縮性側索硬化症(ALS)またはルーゲーリック病(37歳でALSで亡くなった野球選手(写真)にちなんで名付けられた)と呼ばれる神経変性疾患の進行を遅らせることができたという。ニューイングランドジャーナルオブメディシンの2020年9月3日号で報告されたこの調査結果は、治療法が知られておらず、動き、話し、食べ、さらには呼吸する個人の能力を徐々に妨げる致命的な状態のALS患者の治療がいつか可能になることを期待している。 AMX0035と呼ばれる経口薬は、フェニル酪酸ナトリウムとタウルソジオールの2つの薬の組み合わせで、それぞれ神経細胞死を防ぐために重要な、異なる細胞成分を標的としている。

  ログインしてください。