癌のDNAメチル化ベースの非侵襲診断の普及についてLaboratory for Advanced Medicine 社へインタビューを実施

2020
1月 14
(火)
09:00
先端診断のライフサイエンスニュース

癌のDNAメチル化ベースの非侵襲診断の普及についてLaboratory for Advanced Medicine 社へインタビューを実施

BioQuick Newsの編集長・MIKE O'NEILLは、Laboratory for Advanced Medicine Inc.(LAM社)の技術部長であるDhruvajyoti Roy博士(写真)にインタビューを行った。LAM社 は簡便な採血からの早期癌検出テストの商業化に焦点を当てたAIヘルスケア企業である。 今回はLAM社 の技術とDNAメチル化分析の分野における最近の進歩について学び、癌の非侵襲的検出のためのDNAメチル化ベースの検査の普及について議論する。

LAM社は、肝臓癌の早期発見と病気の再発の監視に使用できる血液ベースの肝臓癌テストを開発した。 Roy博士は、すべての肝臓癌の75%以上であり肝臓癌の最も一般的な形態である肝細胞癌(HCC)を検出するアッセイの能力について、2019年11月8日から12日までボストンで開催された、米国肝疾患研究協会(AASLD)が主催したThe LiverMeeting 2019でLAM社が実施した検証研究データを発表した。
AASLDは、ポスター発表においてLAM社のデータを特別ポスターとして選択した。 特別ポスターは、採点されたポスターの抄録の上位10%に分類される。

Roy博士へのインタビューは下記の通り;

O'NEILL:なぜあなたのグループは、cfDNAのメチル化にフォーカスすることに決めたのですか?
Roy博士:遺伝的変化と後成的変化の両方が、腫瘍の発生に関連していることが知られている。過去10年間、液体生検サンプルからの無細胞DNA(cfDNA)の分析は、腫瘍学において有望で潜在的に変革的で非侵襲的な診断アプローチとして浮上してきた。 cfDNAは、通常は細胞死の結果として、細胞によって血中に放出される断片化されたDNAで構成される。がん患者では、cfDNAの一部は、腫瘍細胞から放出されるDNAで構成され、多くの場合、循環腫瘍DNA(ctDNA)と呼ばれる。癌検出のためにcfDNAを利用している、または現在開発中のほとんどの検査は、癌関連遺伝子の突然変異の検出に焦点を合わせている。ただし、この早期癌検出のアプローチには、いくつかの重要な課題がある。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(523)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



高精度なマルチプレックスを可能にしたワンステップRT-qPCRアッセイ ZipScript One-Step RT-qPCR Mixは、RNAに特化した高効率のマルチプレックスqPCRアッセイで、広いダイナミックレンジでのターゲット検出を可能にします。 ZipScriptは、RNase H活性の無い逆転写酵素と素早く活性化するホットスタートタイプのDNAポリメラーゼとを混合した溶液で、dNTPを含むバッファーが付属しています。 わずか0.5 pgのRNAから、5種類までのターゲットをワンステップの反応で簡単に検出できます。 卓越したRT-qPCRの性能に加えて、Enzymaticsの世界水準の製造プロセスにより、常に一定で再現性の高い結果を保証します。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3412人
2020年03月29日 現在
新メンバー
ReikoPom 2020/3/27
なすお 2020/3/27
K2azu 2020/3/24
サンライズ 2020/3/24
Tkawa 2020/3/23
aymmt 2020/3/21
koji1024 2020/3/21
HIRO111 2020/3/20
Yasushi 2020/3/19
Hiroakiu 2020/3/19
ベアダー 2020/3/16
t100114 2020/3/13
shushu 2020/3/12
AlParka 2020/3/12
SO-20220 2020/3/12
49 人のユーザが現在オンラインです。 (38 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 49
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会