細胞外小胞を通じた胎盤と胎児脳のコミュニケーションの秘密

細胞外小胞を通じた胎盤と胎児脳のコミュニケーションの秘密

ミズーリ大学獣医学部のバイオメディカルサイエンス教授であるシェリル・ローゼンフェルド博士(Cheryl Rosenfeld, DVM, PhD)は、30年にわたり、妊娠中に母親から赤ちゃんに生物学的情報がどのように伝達されるかについて研究してきました。この研究はローゼンフェルド博士にとって個人的な理由によるものです。
彼女の姪であるサラ(Sara)は健康に生まれた様に見えましたが、胎児期に鎮静剤を投与されたことが原因で、サラは10代になると呼吸器系、神経系などの健康問題を抱えてしまいました。
「私の姪、サラに起こったことを元に戻すことはできませんが、妊娠中に生物学的情報がどのように運ばれるかをもっと知ることで、他の子どもたちに同じようなことが起こるのを防ぐことができるかもしれません。胎児の脳の発達異常を早期に特定できれば、赤ちゃんの生活で後に現れる可能性のある障害の診断も早くなります。」と、ローゼンフェルド博士は言います。


胎盤は、妊娠中に子宮内で発達する器官で、重要な役割を担っています。胎盤は、妊娠中にタンパク質、脂質、マイクロRNA、神経伝達物質を胎児の脳に転送することで、胎児が母親とコミュニケーションを取ることを可能にします。ローゼンフェルド博士の最近の研究により、研究者らは、この生物学的情報が発達する脳にどのように送られるかを正確に学ぶことができるようになりました。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー