欧州研究評議会が神経変性疾患研究を支援:TDP-43タンパク質の画期的研究

欧州研究評議会が神経変性疾患研究を支援:TDP-43タンパク質の画期的研究

私たちの体のすべての細胞に存在し、生化学的プロセスに重要な役割を果たすタンパク質TDP-43。しかし、このタンパク質は脳内で大きな塊になることがあり、アルツハイマー病やその他の認知症などの変性疾患を引き起こす可能性があります。これがどのようにして起こるのか、そしてこれらのタンパク質の塊が病気にどのように関連しているのかは、注目の研究対象です。
ドロテーエ・ドルマン博士(Dorothee Dormann, PhD)は、ヨハネス・グーテンベルク大学マインツ(JGU)の分子細胞生物学の教授であり、マインツ分子生物学研究所(IMB)の非常勤ディレクターでもあります。彼女は、健康な細胞内でもこれらのタンパク質が組み立てられる可能性があり、そのような小規模な組み立てがTDP-43タンパク質の正常な機能に重要であると疑っています。
彼女の研究グループは、TDPアセンブリプロジェクトにおいて、これらの組み立てがなぜ起こるのかを調査しています。このプロジェクトに対して、欧州研究評議会(ERC)からERCコンソリデーターグラントとして約200万ユーロ(約2.157百万ドル)が授与されました。これはEUの最も権威ある賞の一つで、画期的な研究に取り組む優れた個々の科学者に授与されます。

細胞内の調節過程において小規模なTDPタンパク質の集合体が重要

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー