プロテオミクス解析で攻撃的なヒトの癌の潜在的な創薬ターゲットを特定

2021
3月 22
(月)
08:00
タンパク質/糖鎖研究のバイオニュース

プロテオミクス解析で攻撃的なヒトの癌の潜在的な創薬ターゲットを特定

ベイラー医科大学の研究者らは、攻撃的なヒトの癌からのプロテオミクス、またはすべてのタンパク質データの分析が、潜在的な新しい治療標的を特定するための有用なアプローチであることを示した。 2021年2月24日にOncogeneのオンラインで公開された論文で、研究した7つの癌タイプのそれぞれに対する侵攻性疾患の臨床的測定における発見を報告した。いくつかのシグネチャは、異なるタイプの癌の間で共有され、代謝が変化した細胞経路が含まれていた。 重要なことに、この実験結果は、それらのプロテオミクス解析アプローチが潜在的な治療標的を特定するための貴重な戦略であるという概念実証を提供した。このOncogeneの論文は、「質量分析に基づくグレードとステージのプロテオミクス相関により、攻撃的なヒトの癌に関連する経路とキナーゼが明らかに(Mass-Spectrometry-Based Proteomic Correlates of Grade and Stage Reveal Pathways and Kinases Associated With Aggressive Human Cancers.)」と題されている。

「この研究には2つの注目すべき側面がある。1つは、攻撃的な形態の癌に関連して発現したタンパク質を探し、癌のプロテオミクスの状況を調査したことだ」と、共同執筆者でベイラー医科大学のダンL.ダンカン総合癌センターの医学および癌バイオインフォマティクスの共同ディレクターであるChad Creighton博士(写真)は述べた。 「我々は、臨床プロテオミクス腫瘍分析コンソーシアム(the Clinical Proteomic Tumor Analysis Consortium: CPTAC)によって提供された7つの異なる癌タイプ(乳房、結腸、肺、腎臓、卵巣、子宮、および小児神経膠腫)を含む約800の腫瘍からの数万のタンパク質を含むタンパク質データを分析した。」

CPTACデータセットの計算分析により、攻撃的な形態の癌に関連するプロテオミクスシグネチャが特定された。 これらの特徴は、攻撃的な癌の行動を引き起こしている可能性があり、新しい治療標的を表す可能性のある細胞経路の変化を示している。 それぞれの癌の種類は、その攻撃的な形態に特有のプロテオミクスの特徴を示した。 興味深いことに、いくつかのシグネチャはさまざまな種類の癌に共通していた。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(502)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    機能性化粧品・医薬外品等に最適な天然物由来の生物活性低分子有機化合物を探索・供給 Greenpharma社(フランス)は、最先端のケモインフォマティクスを駆使したリバース生薬学で天然物由来の生物活性分子を探索し、エビデンスの明確な機能性化粧品・医薬外品等の開発を支援します。 Greenpharma社では、有効成分を含有する天然原料の安定確保を含め、製品開発・生産までトータルにサポートする体制が用意されています。 また既にお持ちの活性分子または天然原料について、in silico活性予測ツールを用いて新しい活用法(効能)をお探しすることも可能です。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム