ISEV2020バーチャル年次総会の注目の要旨に、Ral-GTPaseがどのようにエクソソームの生合成と臓器向性を制御し転移を促進するかに焦点を当てた発表が選ばれた。

7月20〜22日に開催されたISEV2020仮想年次総会(International Society for Extracellular Vesicles)で、フランス・ストラスブール大学のJacky Goetz博士の腫瘍メカニクスラボに所属するShima Ghoroghi氏(写真)は、「Ral-GTPaseは、 エクソソーム の生合成と臓器向性を制御することにより転移を促進する(Ral-GTPases Promote Metastasis by Controlling Biogenesis and Organotropism of Exosomes.)」と題された要旨FA01を発表した。Ghoroghi氏は、2016年にGoetz博士のグループに博士課程の学生として加わり、エクソソームのスペシャリストであるVincent Hyenne博士の指導下で、転移中の腫瘍細胞によるエクソソームの分泌におけるRal-GTPaseの役割を研究した。 彼女の紹介の中で、エクソソームはエンドソーム起源の小さな小胞であり、RNA、脂質、タンパク質を含むさまざまな生体分子で構成されており、これらは遠くの細胞に取り込まれて機能的なメッセージを届けることができると述べた。

  ログインしてください。