カゼインを混合したエクソソームで効果が増強。筋ジストロフィーや心不全の治療に有望な可能性。

細胞由来の エクソソーム は、母乳中の主要なタンパク質(カゼイン)と混合して経口投与すると病気の治療に効果的であることが、シダーズ・サイナイ医療センター・シュミット心臓研究所の実験用マウスによる新研究で示された。2021年1月11日にJournal of Extracellular Vesiclesにオンラインで公開された調査結果は、筋ジストロフィーと心不全の患者を治療するための新しい経口薬を開発するための基礎を確立する可能性がある。 このオープンアクセスの論文は、「摂取された細胞外小胞のカゼイン増強取り込みおよび疾患修飾生物活性(Casein‐enhanced uptake and disease‐modifying bioactivity of ingested extracellular vesicles.)」と題されている。

  ログインしてください。