過敏性腸症候群の根底にあるかもしれないメカニズムを解明

ベルギーのルーヴァン・カトリック大学の研究者らは、特定の食品を食べると腹痛を感じる人がいる理由を説明する生物学的メカニズムを特定した。 この発見は、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome: IBS)やその他の食物不耐性のより効率的な治療への道を切り開くものだ。マウスとヒトで実施されたこの研究は、2021年1月13日にNatureのオンラインで発表された。 この論文は「食品抗原に対する局所免疫反応が食事誘発性腹痛を引き起こす(Local Immune Response to Food Antigens Drives Meal-Induced Abdominal Pain.)」と題されている。世界の人口の最大20%が過敏性腸症候群に苦しんでおり、これは食後に胃の痛みや重度の不快感を引き起こし、この人たちの生活の質に影響を及ぼしている。 グルテンフリーやその他の食事療法はある程度の緩和をもたらすことができるが、患者は問題の食品にアレルギーがなく、セリアック病などの既知の状態も持っていないため、なぜこうなるのかは謎だった。

  ログインしてください。