アミリンとレプチンが食物摂取量と体重を調節する機序を新研究が示唆

空腹感と満腹感の分子レベルの機序は代謝障害や肥満の問題を理解する上できわめて重要な手がかりになるが、研究者もまだ十分に解明できていない。
しかし、Rockefeller Universityの新研究で、摂食を調節するシステムの重要な部分が明らかにされた。

  ログインしてください。