リンパ節のPET/CTスキャンで乳がん再発の診断

2012
1月 25
(水)
17:00
臨床医学のライフサイエンスニュース

リンパ節のPET/CTスキャンで乳がん再発の診断

浸潤性乳管ガン(IDC)の無病生存率の予測は、F-18-フルデオキシグルコース陽電子放出断層撮影(PET)/コンピュータ断層撮影(CT)を使用することで簡単になるかもしれない、との発表が2012年6月29日付けのThe Journal of Nuclear Medicine誌にオンライン掲載された。本研究は同誌の9月号でも印刷出版される予定である。韓国の研究チームによって得られた新たなデータは、治療前のリンパ節によるF-18-FDGのSUVmax(最高集積度)が、再発の指標である事が示唆される。「多くの研究が、腋窩リンパ節転移陽性乳ガン患者は、リンパ節転移の無い患者よりも予後が不良であることを明らかにしています。しかしPETやCTを使用した転移性腋窩リンパ節のF-18-FDG集積の予後値は、IDC患者で検討されていないのです。」と、サンウー・リー博士(M.D.,Ph.D.)は説明する。本研究にはF-18-FDG PETCTの前処置を受け、遠隔転移無しで腋窩リンパ節転移が病理学的に確認された女性IDC患者65人が参加した。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(2867)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



数万のシングルセルに対し数百の遺伝子を同時解析BD社のBD Genomicsグループは、独自のMolecular Indexingテクノロジーを基本に、シングルセル解析システム " Rhapsody "を開発しました。このシングルセル解析システムは、数万のシングルセルをキャプチャーし、数百に上る標的遺伝子に対して個々の発現をデジタル定量化することが可能です。分離されたシングルセルのQC ( シングルセルである事の確認や、生細胞と死細胞の区別 )を行い、Molecular Indexing技術により、低コスト・高効率・高精度・高スループットでNGS解析用ライブラリーを作成します。しかも、ライブラリーは数百もの標的遺伝子に絞っているため、シーケンスコストも大幅に削減できます。 もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3165人
2019年03月22日 現在
新メンバー
50ASA 2019/3/21
biobiobi 2019/3/20
川口 晋 2019/3/19
HYHYHY 2019/3/18
manuchem 2019/3/18
きゅうまる 2019/3/15
PlumpJac 2019/3/15
05145 2019/3/14
23 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 23
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。