Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

腫瘍抑制因子hnRNP E1(RNA結合タンパク質)はDNAにも結合し、 ゲノム上の損傷センサーとしても機能していることが発見された

1

癌の特徴の一つは、ゲノムの不安定性、つまり細胞分裂の際に突然変異やDNAの損傷が蓄積してゲノムが変化してしまう傾向にあることだ。DNAの突然変異は、紫外線やX線の照射、発癌物質として知られる特定の化学物質などによって生じるが、我々の細胞は、損傷したDNAを監視し修復するメカニズムを発達させている。ゲノムの安定性は、ある種のメッセンジャーRNA(mRNA)の翻訳によっても脅かされることがある。DNAからコピーされたmRNAは、タンパク質を作るための遺伝暗号として機能する。特定のmRNAは、癌の転移に関連していることが知られている。この脅威に対抗するために、腫瘍抑制タンパク質であるヘテロジニアス核リボヌクレオプロテインE1(hnRNP E1)という特定のタンパク質が、これらのmRNAと結合して、タンパク質を作るのを阻止する。サウスカロライナ医科大学(MUSC)の研究者らはこれまでに、hnRNP E1が転移関連RNAに結合してその翻訳を阻害する仕組みを明らかにしている。hnRNP E1は、細胞の細胞質でRNAと結合するが、このタンパク質は細胞の核にも存在しているという。このことから、hnRNP E1は、DNAとも相互作用するのではないかと考えられた。その結果、hnRNP E1が核内でDNAと結合するという新たな役割を果たしていることが、2021年7月16日付でLife Science Allianceのオンライン版に掲載された。このオープンアクセス論文は、「異種核リボヌクレオタンパク質E1がポリシトシンDNAを結合し、ゲノムの完全性を監視する(Heterogeneous Nuclear Ribonucleoprotein E1 Binds Polycytosine DNA and Monitors Genome Integrity)」と題されている。

ゲスト 633人 と メンバー 4人 がオンラインです

New Members

花凛

OffLine
大学/大学院
2022年05月17日(火)

reiryo

OffLine
大学/大学院
2022年05月13日(金)

Kida

OffLine
大学/大学院
2022年05月12日(木)

mm

OffLine
製薬会社
2022年05月11日(水)
大学/大学院
2022年05月09日(月)
大学/大学院
2022年05月09日(月)

VAN

OffLine
大学/大学院
2022年05月04日(水)

tf

OffLine
大学/大学院
2022年04月25日(月)
大学/大学院
2022年04月20日(水)

Kunami

OffLine
大学/大学院
2022年04月14日(木)

orange

OffLine
大学/大学院
2022年04月13日(水)

masakun

OffLine
製薬会社
2022年04月13日(水)