腫瘍抑制因子hnRNP E1(RNA結合タンパク質)はDNAにも結合し、 ゲノム上の損傷センサーとしても機能していることが発見された

腫瘍抑制因子hnRNP E1(RNA結合タンパク質)はDNAにも結合し、 ゲノム上の損傷センサーとしても機能していることが発見された

癌の特徴の一つは、ゲノムの不安定性、つまり細胞分裂の際に突然変異やDNAの損傷が蓄積してゲノムが変化してしまう傾向にあることだ。DNAの突然変異は、紫外線やX線の照射、発癌物質として知られる特定の化学物質などによって生じるが、我々の細胞は、損傷したDNAを監視し修復するメカニズムを発達させている。ゲノムの安定性は、ある種のメッセンジャーRNA(mRNA)の翻訳によっても脅かされることがある。DNAからコピーされたmRNAは、タンパク質を作るための遺伝暗号として機能する。特定のmRNAは、癌の転移に関連していることが知られている。この脅威に対抗するために、腫瘍抑制タンパク質であるヘテロジニアス核リボヌクレオプロテインE1(hnRNP E1)という特定のタンパク質が、これらのmRNAと結合して、タンパク質を作るのを阻止する。サウスカロライナ医科大学(MUSC)の研究者らはこれまでに、hnRNP E1が転移関連RNAに結合してその翻訳を阻害する仕組みを明らかにしている。hnRNP E1は、細胞の細胞質でRNAと結合するが、このタンパク質は細胞の核にも存在しているという。このことから、hnRNP E1は、DNAとも相互作用するのではないかと考えられた。その結果、hnRNP E1が核内でDNAと結合するという新たな役割を果たしていることが、2021年7月16日付でLife Science Allianceのオンライン版に掲載された。このオープンアクセス論文は、「異種核リボヌクレオタンパク質E1がポリシトシンDNAを結合し、ゲノムの完全性を監視する(Heterogeneous Nuclear Ribonucleoprotein E1 Binds Polycytosine DNA and Monitors Genome Integrity)」と題されている。

「このRNA結合タンパク質は、幅広いRNA結合機能を持つだけでなく、DNA上の類似した配列にも結合することがわかった」「このタンパク質は、配列や構造に応じた方法でDNAと結合し、ゲノムの完全性を維持し、DNAの損傷を感知したり防いだりする」と、筆頭著者でMUSC助教授のBidyut K. Mohanty博士は述べている。

腫瘍抑制因子hnRNP E1(RNA結合タンパク質)はDNAにも結合し、 ゲノム上の損傷センサーとしても機能していることが発見された ツイートする

おすすめの記事