Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

腫瘍抑制因子hnRNP E1(RNA結合タンパク質)はDNAにも結合し、 ゲノム上の損傷センサーとしても機能していることが発見された

癌の特徴の一つは、ゲノムの不安定性、つまり細胞分裂の際に突然変異やDNAの損傷が蓄積してゲノムが変化してしまう傾向にあることだ。DNAの突然変異は、紫外線やX線の照射、発癌物質として知られる特定の化学物質などによって生じるが、我々の細胞は、損傷したDNAを監視し修復するメカニズムを発達させている。ゲノムの安定性は、ある種のメッセンジャーRNA(mRNA)の翻訳によっても脅かされることがある。DNAからコピーされたmRNAは、タンパク質を作るための遺伝暗号として機能する。特定のmRNAは、癌の転移に関連していることが知られている。この脅威に対抗するために、腫瘍抑制タンパク質であるヘテロジニアス核リボヌクレオプロテインE1(hnRNP E1)という特定のタンパク質が、これらのmRNAと結合して、タンパク質を作るのを阻止する。サウスカロライナ医科大学(MUSC)の研究者らはこれまでに、hnRNP E1が転移関連RNAに結合してその翻訳を阻害する仕組みを明らかにしている。hnRNP E1は、細胞の細胞質でRNAと結合するが、このタンパク質は細胞の核にも存在しているという。このことから、hnRNP E1は、DNAとも相互作用するのではないかと考えられた。その結果、hnRNP E1が核内でDNAと結合するという新たな役割を果たしていることが、2021年7月16日付でLife Science Allianceのオンライン版に掲載された。このオープンアクセス論文は、「異種核リボヌクレオタンパク質E1がポリシトシンDNAを結合し、ゲノムの完全性を監視する(Heterogeneous Nuclear Ribonucleoprotein E1 Binds Polycytosine DNA and Monitors Genome Integrity)」と題されている。

  ログインしてください。

ゲスト 883人 と メンバー 7人 がオンラインです

New Members

aotan

OffLine
研究機関(非営利)
2021年10月27日(水)

a_aizawa

OffLine
研究機関(営利)
2021年10月25日(月)
バイオテクノロジー企業
2021年10月25日(月)

Docmasa

OffLine
化学メーカー
2021年10月22日(金)

jin

OffLine
その他
2021年10月21日(木)
診断薬メーカー
2021年10月19日(火)

taitai

OffLine
病院(大学病院以外)
2021年10月18日(月)

NC0319

OffLine
製薬会社
2021年10月15日(金)

ひで

OffLine
その他
2021年10月15日(金)

stschaw

OffLine
その他
2021年10月15日(金)

抗体選びで失敗したくない人のためのユーザーレビュー共有コーナー

抗体Wiki:最新のディスカッション

RE: Anti-β-Actin pAb-HRP-DirecT
1 月前
ご質問ありがとうございます! Quoted from ohmiS on 2021年08月28日(土) リプロービングは具体的にどのような方法でされていますか? リプロービングにはTaKaRaのWestern BLoT Stripping Buffer(#T7135A)を使用しています。 化学発光後のメンブレンを TBS-T 15min wash → Str...
RE: Anti-β-Actin pAb-HRP-DirecT
2 月前
リプロービングは具体的にどのような方法でされていますか? jQuery( document ).ready(function() { jQuery(".magnific_popup").magnificPopup({ type: "image", enableEscapeKey:true }); });...
RE: Anti-His-tag mAb-HRP-DirecT
4 月前
抗His-tag抗体です.一次抗体がHRP標識されているので二次抗体反応の必要がなく,短時間で結果が得られます. pETベクターで発現させた大腸菌ライセートをSDS-PAGEで分離し,タンク法でブロッティングした後,0.5%Skim milk(Morinaga)in TTBS(0.2% Tween 20)でブロッキングし,TTBSで3回洗浄後,TTBSで5,000倍希釈して1時間反応.TTBSで...
RE: Anti-His-tag mAb-HRP-DirecT
4 月前
抗HAタグ抗体です。HRPが結合しているので二次抗体と反応させる必要がありません。従って、タンパク質をブロッティングしたメンブレンを1時間ブロッキングした後、抗体反応1時間と洗浄でECLで検出できるので、短時間で結果が得られます。カタログどおり5000倍希釈で検出可能です。10000倍希釈はバンドが薄すぎて、良い結果が得られませんでした。モノクローナル抗体なのでバックグラウンドはほとんどありません...
RE: Tau Monoclonal Antibody (TAU-5)
4 月前
total tauの検出でどこが認識されているのか少し気になったので、調べてみました。 抗体情報を調べてみると、Abcam社のTau-5のwebsiteでは、 Full length native protein (purified) corresponding to Cow Tau. Purified bovine microtubule-associated proteins. と記...