血液因子(GDF11)が、食事療法によるカロリー制限の利点を模倣し、神経新生と血管リモデリングを刺激することを高齢のマウスモデルで解明。

老化は人体のすべての機能、特に脳機能に影響を与えるプロセスだが、ライフスタイルの変化(運動、カロリー摂取の制限など)により老化を遅らせることができる。パスツール研究所とCNRS(フランス国立科学研究センター)の研究者は、血液中の分子 GDF11(図)のこれまで知られていなかった特性を解明した。 マウスモデルで GDF11 が、食事療法によるカロリー制限の利点(心血管疾患を減らし、癌を防ぎ、脳の神経発生を高める)を模倣できることを解明した。

  ログインしてください。